エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報人事行政・給与勧告 › 職員の給与等に関する報告及び勧告(給与勧告)

ここから本文です。

職員の給与等に関する報告及び勧告(給与勧告)

人事委員会による給与勧告制度は、地方公務員法により定められているもので、職員の労働基本権が制約されていることに対する代償措置として、民間従業員や他の公務員との均衡を考慮し、社会一般の情勢に適応した適正な職員の給与等の勤務条件を確保する機能を有するものです。人事委員会は、毎年、民間従業員と市職員の4月分の給与、1年間のボーナスの支給状況、給与改定や雇用調整の状況などを調査し、両者を比較して得られた差(較差)をなくすことを基本に、市議会と市長に対して、給与等に関する報告及び勧告を行っています。

平成29年(平成29年10月6日報告及び勧告)

市人事委員会は、平成29年10月6日に市議会及び市長に対し、職員の給与等に関して次のとおり報告及び勧告を行いました。

過去の報告及び勧告

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

人事委員会事務局
住所:〒252-5277 中央区富士見6-6-23 けやき会館4階
電話:042-769-9810 ファクス:042-769-6705
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る