エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報道路 › 道路整備の必要性とストック効果について

ここから本文です。

道路整備の必要性とストック効果について

ストック効果とは、道路などの社会資本(社会インフラ)が整備・蓄積され、機能することによって、継続的かつ中長期的に得られる効果のことです。ストック効果には、風水害や地震等による人的被害等の災害リスクを低減する「安全・安心効果」、道路の拡幅や線形改良等によって渋滞の低減や利便性・快適性を向上する「生活の質の向上効果」、移動時間の短縮や輸送コストの縮減化により経済活動を促進する「生産性向上効果」があり、いずれも、相模原市の発展のためには無くてはならない効果となっています。
相模原市では、道路事業によるストック効果を最大限に発現できるよう、重点的かつ効果的な整備を推進しています。

相模原市の主要な道路事業とストック効果について

相模原市で実施している道路整備事業やストック効果の一例をご紹介します。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

道路計画課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館3階
電話:042-769-8373 ファクス:042-769-5822
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る