エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報河川 › 多自然川づくり(道保川)

ここから本文です。

多自然川づくり(道保川)

道保川は、相模原段丘の崖線に位置し、最上流にある道保川公園と横山丘陵から湧水を集め、連続した斜面林に近接して流れています。都市化が進展する相模原市内においても豊かな自然環境が残されており、貴重な環境資源となっています。そのため護岸整備等の改修工事には現場発生材、自然素材を用いるなど、河川環境に配慮した「多自然川づくり」という工法を採用しています。「多自然川づくり」によって、治水安全度の向上、多様な河川環境の維持と再生を目指しています。相模原市では、住宅が既に密集しているような他の河川についても、可能な範囲で環境に配慮した整備改修に努めています。

道保川 泉橋上流付近の様子

道保川泉橋上流付近

道保川泉橋上流付近

道保川泉橋上流付近

在来植物(セリ・ミゾソバ・マコモ・ヨモギなど)が自力再生しています。

関連情報

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

河川課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第1別館2階
電話:042-769-8273 ファクス:042-769-5822
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る