エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ震災関連情報放射線・放射性物質についての情報および測定結果 › 市内の野生鳥獣肉の放射性物質の検査結果について

ここから本文です。

市内の野生鳥獣肉の放射性物質の検査結果について

相模原市が開設・運営する相模原市鳥屋猟区が11月15日(火曜日)から開猟するにあたり、市内の狩猟対象であるイノシシとシカの肉について放射能濃度を検査しました。
結果は次のとおりでした。

検査結果
検査対象の種類 放射性ヨウ素
ヨウ素131
放射性セシウム
合計値
放射性セシウム
セシウム134
放射性セシウム
セシウム137
捕獲日等
イノシシ肉(野生) 不検出(1.3) 31.8 14.9(1.1) 16.9(0.9) 11月2日
有害駆除による捕獲
シカ肉(野生) 不検出(1.2) 45.8 20.1(1.1) 25.7(0.9) 9月20日
管理捕獲
※核種別放射能濃度[Bq(ベクレル)/キログラム]
  • 検査機関:相模原市衛生試験所
  • 括弧内の数値は、検出限界(下限)値を示す。
参考
食品衛生法上の暫定規制値: 放射性セシウム(肉・卵・魚)500Bq/キログラム
(暫定規制値は、原子力安全委員会が示した指標値をもとに厚生労働省が定めたものです。) 

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

津久井地域環境課
住所:〒252-5172 緑区中野633 津久井総合事務所本館2階
電話:042-780-1404 ファクス:042-784-7474
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る