エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ震災関連情報放射線・放射性物質についての情報および測定結果 › 市内の産業廃棄物焼却施設における焼却灰等の放射性物質の測定結果について

ここから本文です。

市内の産業廃棄物焼却施設における焼却灰等の放射性物質の測定結果について

市内の産業廃棄物焼却施設から排出される焼却灰等に含まれる放射能濃度測定を実施いたしました。全ての試料が従来の廃棄物と同様の方法で安全に埋立処理できる基準として国が定めた8,000Bq/kg以下でした。

測定対象施設

  • 市内に立地する産業廃棄物焼却施設を有する事業所 8社(試料数19)

測定対象・測定項目

  • 測定対象 当該施設から排出される主灰(燃え殻)及び飛灰(ばいじん等)
  • 測定項目 放射性セシウム(セシウム134及びセシウム137)

試料採取日

  • 平成24年3月5日、6日

測定結果

  • 主灰 不検出~603 Bq/kg
  • 飛灰 不検出~2,670Bq/kg

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

廃棄物指導課(許認可班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館6階
電話:042-769-8335 ファクス:042-769-4445
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る