エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ震災関連情報放射線・放射性物質についての情報および測定結果 › 市内の市民農園の土壌の放射性物質の測定結果について

ここから本文です。

市内の市民農園の土壌の放射性物質の測定結果について

平成28年度市民農園の土壌の放射性物質の測定結果

市では、平成29年2月27日および平成29年2月28日に市民農園の土壌の放射性物質を測定したところ、測定結果は次のとおりでした。土壌中の放射性セシウムの農産物への移行に関する知見等を考慮すると、土壌に含まれる放射性セシウムを原因として、そこで作付けされる農産物が食品衛生法上の基準値を超過する可能性は低いと考えられます。

平成28年度市民農園土壌放射性物質測定結果一覧表[Bq(ベクレル)/Kg]
採取日 採取場所 種別 放射性セシウム134 放射性セシウム137 放射性セシウム合計値 検査実施機関
平成29年
2月28日
南区
(露地)
不検出
(6.5未満)
48.3 48.3 相模原市実施
(市衛生研究所)
平成29年
2月28日
南区
(露地)
不検出
(5.8未満)
43.6 43.6 相模原市実施
(市衛生研究所)
平成29年
2月28日
中央区
(露地)
10.6 59.8 70.4 相模原市実施
(市衛生研究所)
平成29年
2月28日
中央区
(露地)
不検出
(5.9未満)
44.6 44.6 相模原市実施
(市衛生研究所)
平成29年
2月27日
緑区
(露地)
不検出
(6.6未満)
35.5 35.5 相模原市実施
(市衛生研究所)
平成29年
2月27日
緑区
(露地)
11.7 39.3 51.0 相模原市実施
(市衛生研究所)

※検査機器:NaIシンチレーション検出器(本市実施分に限る)
※放射性物質濃度は、乾土に含まれている値を示しています。
※農用地土壌の放射性物質濃度に許容値、規制値等は設定されていません。
※表中の括弧内の数値は、検出限界(下限)値を示します。
※「不検出」とは、放射性物質が「検出限界(下限)値」に満たないことを表します。
※「検出限界(下限)値」とは、放射性物質が当該数値で表される検知が可能な最低濃度を示すものであり、対象品目や測定機器の精度により異なります。

過去の測定結果

参考

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

農政課(農産班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-8239 ファクス:042-754-1064
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る