エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在の位置: 広域交流拠点トップページ > 橋本駅のまちづくり > 橋本駅周辺地区の景観形成方針


ここから本文です。

橋本駅周辺地区の景観形成方針

景観形成方針

上位計画や、橋本駅周辺地区の景観特性とポテンシャルを踏まえ、以下のとおり、南口地区の景観形成方針を整理します。

広域的な連携・交流のゲートにふさわしい空間の形成

  • 広域交流拠点の「顔」を表現する広場等のデザイン
  • 「交流・賑わい軸」や滞留空間における都市機能の連続性の演出
  • シンボル性の高い街並みを構成する建築物等のデザイン
  • 「さがみロボット産業特区」、リニア中央新幹線の都市的イメージと緑豊かな相模原のイメージの融合

やすらぎを感じる駅前空間の形成

  • やすらぎを演出する「緑と憩いの軸」
  • 相原高校の豊かな自然環境の継承
  • ゆとりを創出する空間の確保

賑わいあふれる広場・交流空間の形成

  • 「シンボル広場」を活用した賑わいのある空間の創出
  • 広場への正面性を持たせた建築物の配置による賑わいの演出

背景のやまなみと調和するまちなみ

  • まちの個性を感じる「やまなみ」の眺望の確保

南口地区の景観形成イメージ(キープラン)
イメージ図:南口地区の景観形成イメージ。地区間交流軸、交流賑わい軸、広域連携軸と緑と憩いの軸、シンボル広場の位置関係を示す