エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在の位置: 広域交流拠点トップページ > 橋本駅のまちづくり > 橋本駅周辺地区の市街地整備計画


ここから本文です。

橋本駅周辺地区の市街地整備計画

市街地整備計画

段階的な整備

南口地区は、既に市街地として形成されており、道路等の都市基盤は一定程度の整備が進んでいます。
このため、既存の都市基盤を活用しながら、まちづくりの進捗にあわせて段階的な都市基盤の拡充を進めます。
このようなことから、南口地区では、リニア中央新幹線開業までを目途とした「短期、中期」、リニア中央新幹線開業以降のまちの成長に応じて進める「長期」の2つの段階に分けてまちづくりを進めます。
また、これらに平行して行うことが求められる関連事業があります。

短期、中期(リニア中央新幹線開業を目途として)

リニア駅の設置予定(平成39年)を目途として、相原高校用地を中心とした「優先的に土地利用を図る地区」においてまちづくりを行います。
既存の都市基盤において、不足している機能の拡充に加え、リニア駅の利用において必要となる機能を整備します。
土地利用は、これらの整備をまちづくりのスタートとして、主に民間事業者を中心に都市機能の集積を図ります。

整備内容

  • 駅前広場
  • 「広域連携軸」
    国道16号から駅前広場へのアクセス道路
  • 「新都心連携軸」
    相模原方面(旭中学校入口)から駅前広場へのアクセス道路
  • 「地区間交流軸」
    現在の相原高校用地内から駅前広場へのアクセス道路
  • 「交流・賑わい軸」
    橋本駅南北の回遊、各交通機能を有機的に結ぶ通路

長期(リニア中央新幹線開業以降)

核周辺ゾーンは、「優先的に土地利用を図る地区」におけるまちづくりの進捗状況や都市機能の集積の状況、社会情勢等に応じて、民間主導によるまちづくりを促しながら、拠点的市街地の拡大を図ります。
拠点的市街地の拡大に際して、必要となる道路を既存道路の拡幅等によって整備します。

「短期、中期」、「長期」のまちづくり地区のイメージ
イメージ図:「短期、中期」、「長期」のまちづくり地区のイメージ。短期・中期は地区間交流軸、交流賑わい軸、駅前広場、広域連携軸(国道16号以東)、新都心連携軸 長期は地区間交流軸、核周辺ゾーン、広域連携軸(国道16号以西)を示す

都市の将来イメージ

整備計画図に基づき、以下のとおり整備のイメージを想定します。施設配置や高さなどは現段階で検討中のものであり、今後変更の可能性があります。また、平成39 年のリニア駅開業時点を示すものではなく、重点地区に定めた区域の将来のまちづくりのイメージを示したものです。

南口地区全体のイメージ
イメージ図:南口地区全体のイメージ

「交流・賑わい軸」などのイメージ
イメージ図:「交流・賑わい軸」などのイメージ

注:施設配置や高さなどは、イメージであり、今後変更の可能性があります。