エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在の位置: トップページ > 相模原駅のまちづくり > 相模原駅周辺地区の交通ネットワーク整備


ここから本文です。

相模原駅周辺地区の交通ネットワーク整備

交通ネットワーク整備の方向性

多摩方面から国道16号を結ぶ道路ネットワークの強化

JR横浜線による南北の分断解消や相模総合補給廠の一部返還予定地を活用し、多摩方面と相模原駅周辺と国道16号を結ぶ道路ネットワークを強化します。

地区内連携道路の充実

橋本駅方面と連携する交通軸の充実を図るとともに、矢部駅や西門商店街方面と連絡する地区内連携道路の整備に向けて、道路用地となる相模総合補給廠の早期返還の実現を図ります。

広域防災拠点としての緊急輸送道路網の確保

災害時における各方面からの支援物流拠点としての活用など、広域防災拠点としての機能を確保するため、既存の基幹的広域防災拠点等との連携を充実し、周辺緊急輸送道路網等と一体となった整備を推進します。

中枢業務拠点としての公共交通網の強化

中枢業務拠点形成に向けた都市機能強化の基軸となる小田急多摩線延伸の取組を進めるとともに、バス路線網の充実など、公共交通網の強化を図ります。

相模原駅周辺の交通ネットワークの整備方針を示した図。小田急多摩線の延線、国道16号とのアクセスを強化、JR横浜線北側の道路用地返還など。
交通ネットワーク整備のイメージ

関連情報