ごあいさつ

相模原市長 加山俊夫

2010年4月、相模原市は戦後に誕生した市として初めて、政令指定都市となりました。
本市は交通アクセスの良さを背景に都市機能の一大集積地として発展してきました。その一方で、鮎踊る相模川をはじめ、陣馬山、相模湖など首都圏を代表する豊かな自然も有し、多様な魅力と70万を超える市民の活気あふれる首都圏南西部の広域的な交流拠点都市です。
現在も、さがみ縦貫道路(圏央道)など広域幹線道路の整備促進や、リニア中央新幹線の市内への駅誘致など、大規模プロジェクトが進行中であり、その魅力や活気を生かす環境がさらに充実していきます。
政令指定都市・相模原としての確かな未来に向け、このホームページがご覧いただいた皆さんと共に歩むきっかけとなることを願い、ごあいさつの言葉とさせていただきます。

相模原市長 加山俊夫

700000.power

2010年4月、政令指定都市・相模原市が誕生しました。1954年に人口8万人でスタートした相模原市は、人口急増や基地問題など多くの課題に取り組みながら、着実な発展を続け、人口70万人を超える大都市となりました。集積した都市機能や豊かな自然など、多様な魅力を生かし、豊かなライフスタイルを市民と共に創り、発信できる「暮らし先進都市」や広域的な地域の表玄関や拠点となる「内陸ハブシティ」として、暮らしてみたい、訪れてみたい、企業活動の拠点としたい、そんな「選ばれる都市づくり」を進めます。今、新たなスタートラインに立った相模原市。そのネクストステージには、大きな可能性が広がっています。