エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報基地問題 › 厚木基地の航空機騒音

ここから本文です。

厚木基地の航空機騒音

戦前、旧日本海軍の主要基地として設置・使用された厚木基地は、終戦後米軍に接収され、厚木海軍飛行場として現在に至っています。

航空機による騒音は、ジェット機が飛来するようになった昭和30年頃から激しさを増し、昭和48年の米空母ミッドウェーの横須賀基地母港化に伴い、空母艦載機が飛来し、一層激化しました。
さらに、昭和57年2月以降、夜間連続離着陸訓練(Night Landing Practice・通称「NLP」)が、厚木基地において実施されるようになり、激しい騒音が市民に深刻な被害を与えるようになりました。

平成5年に硫黄島に暫定措置として訓練施設が建設されたことにより、現在では、厚木基地でNLPが実施されることはほとんどなくなりましたが、硫黄島で実施される着陸訓練(Field Carrier Landing Practice、通称「FCLP」)直前の集中訓練と、終了後に外洋で実施される空母着艦資格取得訓練(Carrier Qualification、通称「CQ」)に伴う頻繁な離着陸による騒音被害は依然として解消されていません。
日米両政府により空母艦載機の大半を、平成29年までに岩国基地に移駐させることが合意されていますが、移駐までの間も多くの市民が騒音に耐え続けていることから、市では、移駐の着実かつ早期の実施と、移駐実現までの騒音軽減措置の実施について国及び米軍に対し要請を行うなど、粘り強い取組を続けています。

厚木基地の概要

厚木基地の位置図

  • 名称
    厚木海軍飛行場
  • 所在地
    大和市、綾瀬市、海老名市
  • 面積
    506.9ヘクタール
  • 滑走路
    延長約2,438メートル 幅約45メートル オーバーラン両端各300メートル

厚木基地に関係する激しい騒音を引き起こす艦載機

F/A-18E/F スーパーホーネット(戦闘攻撃機)

F/A18C スーパーホーネット(戦闘攻撃機)

(米海軍ウェブサイトより)

EA-18G グラウラー(電子攻撃機)

EA-18G グラウラー(電子攻撃機)

(米海軍ウェブサイトより)

航空機騒音に関する統計

騒音被害に対する市民からの苦情は、厚木基地に近い南区以外からも寄せられており、また、空母艦載機は編隊飛行や、基地周辺では離着陸のため低空飛行を行うため、市民に対し騒音被害のみならず、墜落等の危険性への大きな不安も与えています。
相模原市では、市内4ヵ所(鶴園小学校、上鶴間中学校、南消防署東林分署、緑台小学校)に設置した騒音計をオンラインで接続して、24時間常時測定を行っており、70dB以上の音が5秒以上続いた場合を1回として、その時発生した最高音や継続時間等を記録しています。これらの測定データは、国及び米軍に対する要請活動等を行う際の貴重な資料として活用しています。

平成29年度騒音苦情に関する統計

航空機騒音に関する苦情、お問い合わせ

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

渉外課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-769-8207 ファクス:042-754-2280
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る