エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報基地問題 › キャンプ座間

ここから本文です。

キャンプ座間

歴史

キャンプ座間航空写真

昭和12年9月、旧日本陸軍士官学校が開設されたところであり、戦後は引き続き在日米陸軍の本拠地として使用されている施設です。

現況

在日米陸軍・第1軍団(前方)司令部、在日米陸軍基地管理本部等が設置されており、在日米陸軍の中枢としての役割を果たしています。また、陸上自衛隊の中央即応集団司令部、第4施設群などが、基地の一部を「座間駐屯地」として共同使用しています。

役割

在日米陸軍の任務は、日本の防衛、極東の平和と安全の維持、管轄域内の災害救援支援及び日本国内での災害や緊急事態対処、各種物資の補給、保管、修理など、いわゆる後方支援業務の指揮命令系統の統轄です。この他には、在日米軍司令部(横田基地)や上部組織との連絡調整業務、自衛隊との共同訓練等の計画などを行っています。
また、在日米陸軍基地管理本部は、施設の維持管理、厚生施設等の充実、各種物資の補給、保管、修理、日本側との友好親善を促進するためのコミュニティ関係業務や基地の一般開放(桜まつり、盆踊り大会)の実施などを行っています。

リンク

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

渉外課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-769-8207 ファクス:042-754-2280
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る