エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報基地問題 › 相模総合補給廠

ここから本文です。

相模総合補給廠

歴史

相模総合補給廠の写真

戦前、旧日本陸軍相模陸軍造兵廠として使用されていた施設で、昭和24年に米軍に接収された後は、朝鮮戦争やベトナム戦争に伴い、在日米陸軍の主要な補給基地としての性格を持つようになり、現在に至っています。

現況

補給基地として、巨大な倉庫群や修理工場が立ち並ぶほか、第35戦闘維持支援大隊の司令部、野球場、ボウリング場、サッカー場などのスポーツ施設が設置されています。造兵廠時代に建てられた相模神社は、神社公園(シュラインパーク)として整備されています。
JR横浜線相模原駅の北側約17ヘクタールは、平成26年9月30日に日本政府に返還され、また、約35ヘクタールは平成27年12月2日に共同使用が開始されました。今後、返還地においては新たなまちづくりが進められ、共同使用区域のうち南側10ヘクタール部分についてはスポーツ・レクリエーションゾーン基本計画に基づき、施設が整備されます。

役割

第35戦闘維持支援大隊は、支援を行う部隊のための展開・撤収・戦務維持の計画や調整、作戦地域の設営・運営など、いわゆる兵站業務を任務としています。

リンク

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

渉外課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-769-8207 ファクス:042-754-2280
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る