エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ市政情報基地問題 › 基地問題への市の取組

ここから本文です。

基地問題への市の取組

相模原市は、戦前戦後を通して、長きにわたって広大な基地を抱えてきました。一部は返還されたものの、今なお在日米陸軍のキャンプ座間、相模総合補給廠及び相模原住宅地区の3つの基地が所存し、その面積は約429ヘクタールにも及びます。

これらの基地は、いずれも人口密集地に位置し、市民の生活や計画的なまちづくりに大きな障害となっているため、市では、市議会、自治会、教育関係など市内の各種団体で構成する相模原市米軍基地返還促進等市民協議会とともに、従来から、基地の全面返還を求めてきました。

また、在日米海軍厚木基地に係る航空機騒音や市内基地におけるヘリコプター騒音についても、激しい騒音が市民生活に多大な影響を及ぼしていることから、その解消に向けた取組を継続して行っています。

米軍基地に関わる問題は、1市のみに関わる問題とは限らず、多岐にわたっていることから、相模原市では、様々な基地関係協議会等に加入し、同様の問題を抱える自治体とともに、国や米軍に要請を行うなど、基地に起因する問題の解決に向けて取組を進めています。

相模原市米軍基地返還促進等協議会

神奈川県基地関係県市連絡協議会

  • 代表者等 会長 県知事
    副会長 横浜市長、相模原市長、横須賀市長
  • 構成 神奈川県、横浜市、相模原市、横須賀市、藤沢市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市
  • 目的 基地問題について、県・関係市が密接な連絡を保ち、相互に協力し、その解決を図る。

厚木基地騒音対策協議会

  • 代表者 会長 県知事
  • 構成等 神奈川県及び9市(横浜市、相模原市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、町田市)の首長・議長、関係衆・参議院議員、地元県議会議員
  • 目的 厚木基地における夜間連続離着陸訓練等による航空機騒音問題に関し、県内の行政及び議会関係者が相互の連絡、協調を密にして、騒音問題の解消に向けて実効ある運動を進める。

厚木基地関係市連絡会議

  • 代表者等 幹事を9市で輪番
  • 構成 横浜市、藤沢市、相模原市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、町田市、茅ヶ崎市
  • 活動内容 厚木基地に関係ある諸問題等について密接な連絡を保ち、相互に協力しながらその対策を協議し、渉外行政の円滑な運営を図る。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

渉外課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-769-8207 ファクス:042-754-2280
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る