エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ募集情報作品・その他の募集 › 平成29年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」募集

ここから本文です。

平成29年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」募集

障害のある人への市民の理解を促進するため、「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」を募集します。(主催:相模原市、内閣府)

昨年度の最優秀作品(障害者週間のポスター)

市立串川小学校1年 鈴木 日姫(すずき はるひ)さんの作品

市立串川小学校1年
鈴木 日姫(すずき はるひ)さんの作品

神奈川県立相模原中等教育学校1年 大嶋 莉子(おおしま りこ)さんの作品

神奈川県立相模原中等教育学校1年
大嶋 莉子(おおしま りこ)さんの作品

こちらから全ての入賞作品がご覧いただけます。(学校・学年は入賞当時のものです)

募集内容

いずれも応募は未発表のもの1点に限ります。

心の輪を広げる体験作文

  1. テーマ  出会い、ふれあい、心の輪 -障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう-
  2. 題名 自由
  3. 内容 障害のある人とない人との心のふれあいの体験をつづったもの。
  4. 部門  小学生部門、中学生部門及び高校生・一般部門の3部門
  5. 規格 400字詰め原稿用紙(B4判縦書き)で小学生部門・中学生部門は2~4枚程度、高校生・一般部門は4~6枚程度。

障害者週間のポスター

  1. テーマ 障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現
  2. 内容 障害者に対する理解の促進等に資し、障害のある人とない人の間の相互理解を促進するもの。
  3. 部門 小学生部門及び中学生部門の2部門
  4. 規格 画用紙のB3判か四つ切りの縦位置(縦長)のみ、彩色画材は自由。
    ※横位置(横長)のものは審査の対象外となります。
    ※小学生部門は文字の使用はできません。
    ※中学生部門は文字の使用は可能ですが、『12月3日~9日は「障害者週間」』の標語は使用できません。

募集期間

平成29年7月3日(月曜日)から平成29年9月6日(水曜日)(必着)

応募方法

必要事項を記入した応募用紙を作品の裏に貼り付け、障害政策課へ送付または直接提出してください。
提出先 〒252-5277 相模原市中央区中央2-11-15 相模原市障害政策課

審査

応募作品は、市において審査の上、部門ごとに最優秀賞、優秀賞、佳作をそれぞれ決定します。また、平成29年12月3日(日曜日)に開催する「平成29年度相模原市障害者週間のつどい」内で入賞者の表彰式を行い、賞状と副賞を贈呈します。
なお、最優秀賞を受賞した作品は内閣府の選考に推薦します。

応募作品の取り扱いについて

応募作品の返却は、原則として行いません。
本市における入賞作品の著作権は、市障害政策課に帰属し、市ホームページ及び作品集、「障害者週間」記念行事等、障害者理解を促進する目的で使用することがあります。また、応募作品を使用する際には、応募者の氏名、学校名、学年又は年齢が掲載されます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

障害政策課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-707-7055 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る