エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報防災危機管理情報 消防情報市や関係団体の取り組みや制度 › 指定避難所の指定について

ここから本文です。

指定避難所の指定について

現在、避難所となっている105箇所の小・中学校などが、災害対策基本法第49条の7第1項に基く、「指定避難所」となりました。
なお、避難所の場所や運用方法などは、従来どおりで変更ありません。

指定避難所一覧

指定日

平成29年8月31日

【指定避難所の指定】(災害対策基本法第49条の7第1項)
災害が発生した場合における適切な避難所の確保を図るため、指定基準に適合する公共施設その他の施設を指定避難所として指定しなければならない。
【指定避難所の指定基準】(災害対策基本法施行令第20条の6)
  • 被災者等を滞在させるために必要かつ適切な規模のものであること。
  • 速やかに、被災者等を受け入れ、又は生活関連物資を配布することが可能なものであること。
  • 想定される災害の影響が比較的少ない場所にあること。
  • 車両などによる輸送が比較的容易な場所にあること。
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

危機管理課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター3階
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る