エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報防災危機管理情報 消防情報防災マップ › 洪水ハザードマップ

ここから本文です。

洪水ハザードマップ

相模原市でも、台風や集中豪雨により床上・床下浸水などの被害が発生しています。

平成20年8月末には局所的な集中豪雨により、境川から水があふれ出し、床上浸水などの被害が発生しました。
大雨によって万が一、河川がはん濫した場合に、皆様の地域の浸水するおそれの範囲や、避難所はどこかなど、大雨時の避難行動に役立てる資料として洪水ハザードマップを作成しました。

洪水ハザードマップとは

洪水ハザードマップは、大雨によって万が一、河川がはん濫した場合に、皆様の地域でどの範囲がどれだけ浸水するおそれがあるのか、またその場合の避難所はどこかをお知らせするための地図です。

神奈川県が作成した浸水想定区域図を基に、相模川(小倉橋付近から下流)、境川(川上橋付近から下流)、鳩川(千年橋付近から下流)、道保川(古山暗渠付近から下流)、串川(根無沢合流点から下流)、道志川(山梨県界から下流)がはん濫した場合の相模原市域の状況を想定して、浸水の範囲とその程度を示しています。

この洪水ハザードマップを利用して、もしもの場合に備えて、水害から身を守るために日頃から家庭や地域で話し合い、避難経路の確認など安全な避難行動に役立ててください。

洪水ハザードマップの内容

相模川・境川・鳩川・道保川編

  • 洪水ハザードマップとは
  • 洪水ハザードマップの使い方
  • 相模川・鳩川・道保川洪水避難地図(その1~その3)
  • 境川洪水避難地図(その1~その4)
  • 情報を集めましょう
  • 避難しましょう
  • 集中豪雨の危険性
  • 台風の危険性
  • 非常持ち出し品一覧、防災関係機関一覧、わが家の防災メモ

串川・道志川編

  • 洪水ハザードマップとは
  • 洪水ハザードマップの使い方
  • 串川洪水避難地図(その1~その3)
  • 道志川洪水避難地図
  • 情報を集めましょう
  • 避難しましょう
  • 集中豪雨の危険性
  • 台風の危険性
  • 防災メールについて
  • 非常持ち出し品一覧、防災関係機関一覧、わが家の防災メモ

ダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

危機管理課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター3階
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る