エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報防災危機管理情報 消防情報防災マップ › 浸水(内水)ハザードマップ

ここから本文です。

浸水(内水)ハザードマップ

この浸水(内水)ハザードマップは、過去に記録した1時間に96.5ミリメートル(平成20年)と同じ降雨が市域全域に同時に降った場合に、浸水が広がる範囲とその深さを想定した区域(浸水想定区域)を記載しています。
(旧津久井町、旧相模湖町、旧藤野町においては、浸水が想定されません。)
また、今後10年間で市が緊急的に浸水対策を実施する予定の区域(浸水対策実施区域)についても記載しています。
雨は自然現象のため、ゲリラ豪雨の発生や地域状況の変化などによっては、このマップで着色されていない区域においても浸水が起こる可能性があります。
そのため、このマップは詳細な場所の浸水想定を把握することよりも、ひとつの目安として活用していただき、防災情報面を参考に浸水への備えを心がけてください。
なお、色覚異常のある人もご覧いただけるよう、色や形状で区別がつくように調整を行っています。

地図情報面

地図情報面の画像

掲載しているPDFファイルは、文字情報が埋め込まれておりません。必要な場合は、危機管理課にお問い合わせください。

想定区域と文字(記号など)が重なっている箇所があるため、文字(記号など)を削除したPDFファイルを追加しましたので、ご活用ください。
浸水(内水)ハザードマップ【防災情報面】の内容の一部に誤りがありましたので、訂正しました。

訂正内容

  • 市役所・消防機関等の連絡先→防災機関一覧
    【誤】国交通省 相武国道事務所 【正】国交通省 相武国道事務所
  • 相模原市の情報伝達→避難情報
    【誤】4行目 「家などに避難してくだい。」 【正】「家などに避難してください。」

浸水(内水)ハザードマップの内容

地図情報面

  • 浸水想定区域
  • 浸水対策実施区域
  • 避難所・公共施設等の施設情報
  • 浸水想定における降雨条件など
  • 洪水ハザードマップの紹介

防災情報面

  • 日ごろからの備え
  • 避難の方法
  • 雨量・気象情報の収集方法や情報伝達経路など
  • 家屋・家財の浸水被害を防ぐためには
  • 市役所・消防機関等の連絡先

浸水(内水)ハザードマップの配布場所

各行政資料コーナー・まちづくりセンター(橋本・本庁地域・大野南を除く)・公民館(青根・沢井を除く)などで配布しています。なお、各行政資料コーナー等での受取が困難な方には、ご連絡を受けることにより郵送等で対応します。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

危機管理課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター3階
電話:042-769-8208 ファクス:042-769-8326
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る