エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化アートラボはしもとエキシビション・プログラム › 第1期エキシビション・プログラム 学生企画による学生作家の展覧会「日常解体新書」展

ここから本文です。

第1期エキシビション・プログラム 学生企画による学生作家の展覧会「日常解体新書」展

日常解体新書

写真1

写真2

写真3

写真4

4月より女子美・多摩美・造形大等の大学生を中心として募集した参加者達が企画した展覧会です。 その学生スタッフの彼らが1年間のまとめとして、討論に討論を重ねて企画した美術展を開催しました。
「日常から非日常」をテーマに、普段とは違った視点でモノを捉え、より強くモノに対する興味・驚きを持ってもらおうと企画。ありふれた日用品を素材に制作した現役美大生の作品を展示しました。

  • 会期 平成14年4月21日(日曜日)から5月11日(日曜日)まで、午前10時から午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
  • 休館日 水曜日
  • 観覧料 無料
  • 主催 相模原市教育委員会
  • 企画 相模原市民ギャラリー<サガミハラエキシビジョンプログラム>

出品作家

青木渉(多摩美術大学)、江口友香里(武蔵野美術大学)、圓山リアキ(多摩美術大学)、小川都麦(多摩美術大学)、庄司涼香(東京芸術大学)、陣内啓治(多摩美術大学)、野上淳子(多摩美術大学)、土方英俊(東京造形大学)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

アートラボはしもと
住所:〒252-0146 緑区大山町1-43
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る