エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化アートラボはしもと平成26年度に実施した展覧会・イベント一覧 › 042 art area project 2014スーパーオープンスタジオ

ここから本文です。

042 art area project 2014スーパーオープンスタジオ

042 art area project 2014スーパーオープンスタジオ ロゴ画像

相模原市やその周辺には美術大学が多くあることから、卒業後もここに留まり、共同でスタジオ(制作場所)を構えて制作活動する作家が多くいます。

そこで、昨年からスタートしたSUPER OPEN STUDIOでは、倉庫やガレージをスタジオ(制作場所)として活動する100名を超える作家の協力のもと、日ごろの制作現場や作品展示、ワークショップの開催など、各スタジオの特色を活かし、スタジオの一般公開をいたします。また、アートラボはしもと会場では、スタジオ作家の視点で切り取った展覧会や大型作品の展示、各スタジオのインフォメーションなどをご覧いただけます。また、親子向けのワークショップなども開催いたします。様々な表現が生まれる最前線のスタジオでの出会いをどうぞお楽しみください。

10月18日(土曜日)から11月9日(日曜日)までの各週末の土曜日・日曜日は、「Super Open Studio」として、それぞれのスタジオでワークショップや公開制作、イベントなどを実施します。鑑賞者が実際の制作の現場で作家と交流する機会を提供します。
※スタジオの公開やワークショップのスケジュールは各スタジオによって異なります。

  • 主催 アートラボはしもと(相模原市)
  • 企画 Super Open Studio NETWORK/アートラボはしもと
  • 後援 アートラボはしもと事業推進協議会(女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学・相模原市)
  • 会期 2014年10月18日(土曜日)~11月9日(日曜日)
  • 開催時間 午前10時から午後6時(各スタジオの公開時間:午後1時~午後6時)
  • 休館日 水曜日
  • 観覧料 無料
  • 会場 アートラボはしもと

ステートメント

なぜ、わざわざ作品を作っているのか、考えることがある。

展示の予定があるときもないときも、相模原にあるスタジオに入って、ドローイングを描く。それを見ながら、また考える。しばらくすると友達がくる。何枚かのドローイングが乗った机に、コンビニのドリンクが並ぶ。それぞれが最近の事情を話す。何回もそんなことが繰り返される。それが現場になる。

芸術って言葉が僕らを結んでいるけど、それは価値があったりなかったり、いつも変わっていくものらしい。そんな不安定なもののためだけに、スタジオに行っているとは思わない。だけど一方で、その不安定な芸術ってやつとやりとりするために僕らの日常は広がっていて、それがいつか価値になるかもしれないということも含めて、僕らはその日常を愛してる。

そんな日常の一幕を、僕らにとっての『作ること』のすべてを公開します。

<Super Open Studio NETWORK>

SUPER OPEN STUDIOの写真1

SUPER OPEN STUDIOの写真2

SUPER OPEN STUDIOの写真3

関連プログラム

Super Open Studio

  • 日時 10月18日(土曜日)~11月9日(日曜日)(開催期間中の土曜日、日曜日)
  • 時間 午後1時~午後6時

普段は制作に使用されている相模原、町田、八王子地域の共同スタジオを会期中に特別公開いたします。スタジオによって公開日が異なりますので事前にご確認ください。

Super Open Studio 全体マップ

弐層式vol.3

二DEC 弐層式vol.3の写真

二DEC(石坂翔×鮫島大輔)の2人の作家によるコラボレーションシリーズ『弐層式』がアートラボに出現。大型の駆動する作品を展示します。会期中の土曜日・日曜日には作家と一緒に実演も行えます。

Artisit Recommendation vol.1 『なんでふもののつくべきぞ』

高山陽介 無題

「Artist Recommendation」では、SUPER OPEN STUDIOに参加するスタジオのアーティストが、100名を超える参加アーティストの中から出展作家を選出・推薦する展示企画。その第1回目となる今回は、山根一晃(REV)と久野真明(studio kelcova)の2名の企画による『なんでふ(なんじょう)もののつくべきぞ』を開催いたします。

出展アーティスト
片山 真妃、古賀 一樹、鈴木 俊輔、高山 陽介、中野 浩二、中村 太一、長谷川 友香

アーティスト・スポット 八代萌 『ことば』

昨年度参加スタジオの清水工場から、八代萌を紹介します。彼女の作品は、伝承や風習を自身の出来事と結び、静隠な空間をつくりだします。

スタジオ作家によるワークショップ

キトカット

  • 日時 11月1日(土曜日)
  • 時間 午後2時~午後4時
  • 講師 吉原宏紀(アトリエ481)
  • 対象 親子(子どもは小学生以上)
  • 定員 10組

講師の吉原宏紀は小枝や丸太の素材をポップなカラーリングに塗装した立体を制作しています。講師と一緒に、相模湖の流木を加工して、オリジナルの立体作品をつくろう。

二DECの秘密基地

  • 日時 11月2日(日曜日)、11月9日(日曜日)
  • 時間 午後2時~午後3時
  • 講師 二DEC(石坂翔、鮫島大輔)
  • 対象 親子(子どもは小学生以上)
  • 定員 各回5組

SUPER OPEN STUDIOの会期中にカラクリのような駆動式の巨大な作品をアートラボで展示している二DEC(にでっき)の秘密基地を特別に公開します。巨大作品の一部分をみんなで協力して組立てながら、その作品の秘密に迫ろう。

申込みについて

  • 参加費 いずれも無料
  • 会場 アートラボはしもと
  • 申込み アートラボへ直接、またはお電話でお申し込みください。
  • 受付開始 10月15日(水曜日)※定員に達し次第受付を終了いたします。
  • 電話 042-703-4654 (午前9時~午後5時、水曜日を除く。但し受付開始日の15日に限って対応いたします。)

関連情報

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

アートラボはしもと
住所:〒252-0146 緑区大山町1-43
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る