エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化アートラボはしもと平成27年度 展覧会・イベント一覧 › ご縁の描きかた

ここから本文です。

ご縁の描きかた

アートラボはしもと春のプログラム『ご縁の描きかた』のバナー

  • 企画名称 アートラボはしもと春のプログラム『ご縁の描きかた』
  • 会期 平成27年5月2日(土曜日)~5月17日(日曜日)(水曜日休館)
  • 開館時間 午前10時~午後5時
  • 会場 アートラボはしもと
  • 観覧料 無料
  • 主催 アートラボはしもと(相模原市)
  • 後援 アートラボはしもと事業推進協議会(相模原市・女子美術大学・多摩美術大学・桜美林大学・東京造形大学)
  • 協力 砂川畳店/読売センター相模原北部店

企画主旨

アートラボはしもとが開館してからの3年間、これまでにたくさんの展覧会やワークショップを実施し、様々な人々に関わっていただきました。美大生やアーティスト、市民の方々、学校や商店街、企業などなど…。子どもから大人まで、数えきれないほどの出会いが生まれました。
今回の企画では、その土壌の上でさらにもう一歩を踏み出し、「出会い」のその先、アートを通した「ご縁」を育むことを目指します。それは、出会いによって生まれる関係を持続可能なものにしていくことです。そうした「ご縁」がいくつも折り重なったとき、刺激や学び、そして喜びを与え合う、関係性のネットワークへと発展していくことができるはずです。おそらく、それには多くの時間がかかることでしょう。しかし、まずは最初の一歩を踏み出すことが必要です。
本企画では、美大生や子どもたちの創作物を販売する“びだいまるしぇ”、あるいは料理や野菜、空間づくりをアートの視点で捉えたワークショップなど、多彩なイベントやプロジェクトを通して、ここに訪れたみなさん同士がつながっていくためのきっかけをつくります。もしかしたら、ここで得た「ご縁」が一生の宝物になるかもしれません。
さあ、あなたもアートでご縁を描きませんか?

関連プログラム

要予約のものについては、4月16日(木曜日)より受付開始。電話またはアートラボへ直接お越しください。

  • 受付時間=午前9時~午後5時(水曜日休館)
  • 電話=042-703-4654

詳細は次のページをご覧ください。

(1)野菜コトハジメ(要予約)

野菜コトハジメのイラスト

内容 プロの農家を講師に、誰でも始められる野菜づくりの基本を教わったり、野菜をモチーフにした作品づくりなどを行います。※本企画は夏以降に始動する「アートラボ畑プロジェクト」のプレワークショップです。

(2)コドモショップ(要予約)

コドモショップのイラスト

内容 子どもたち自身の手で、雑貨やお店をつくり、「びだいまるしぇ」で販売します。来場者は「お買いもの券」で、子どもたちの作品を買うことができます。

(3)動物ざぶとんをつくろう(要予約)

動物ざぶとんをつくろうのイラスト

内容 版画(ステンシル)の技法を使い、丸・三角・四角などの形を組み合わせた動物模様の座布団カバーをつくります。※座布団カバーはお持帰りになれませんが、別途お土産があります。

(4)畳と着物で和ッションショー(要予約)

畳と着物で和ッションショーのイラスト

内容 子ども達と大人が力を合わせて、簡単な着物を制作します。最後にはそれを着て、畳のランウェイでファッションショーをしましょう。

(5)みんなでつくるこいのぼりむすび(要予約)

みんなでつくるこいのぼりむすびの写真

内容 みんなで色とりどりのおむすびをつくり、鯉のぼりの形に並べます。お昼になったら楽しくお話しながら食べましょう。

(6)トールペイントで飾るフォトフレーム(要予約)

トールペイントで飾るフォトフレームの写真

内容 木製のフォトフレーム(写真立て)にきれいな装飾を施します。絵心に自信がない人も安心してご参加ください。最後には、思い出の写真を入れて語り合いましょう。

(7)わらべうたでつくって遊ぼう!(要予約)

わらべうたでつくって遊ぼう!のイラスト

内容 不思議なことに、うたを歌いながら手遊びをすると、誰でも自然に笑顔になります。創作を加えながら、わらべうたの魅力を再発見しましょう。

(8)びだいまるしぇ(予約不要)

びだいまるしぇの写真

内容 美大生がつくった、素敵なアクセサリーやカバンなどの小物が手に入るお店が大集合。似顔絵やショーなどもあり、盛りだくさんのイベントです。

(9)はしもとで、人と人が集うということ(予約不要)

はしもとで、人と人が集うということの写真

内容 人と人が集うことを、古くから続く「講(こう)」というシステムから考える座談会を行います。橋本の街を通して、地域でのアート活動やコミュニティのあり方などについて、専門家と来場者が共に考える機会をつくります。

詳細は、次のページをご覧ください。

展示内容

(1)アートラボ図工室(工作体験コーナー)

アートラボ図工室(工作体験コーナー)の写真

アートラボにやってきた子どもたちが、その場で楽しめるアート体験のコーナーです。いろいろな造形工作をお楽しみください。

(2)一畳くんたち

一畳くんたちのイラスト

一畳研究会
多摩美術大学 環境デザイン学科出身のチーム「一畳研究会」が制作した畳のコミュニティ・スペースです。会期中はここで、様々なワークショップやイベントが実施されます。

(3)えほけん図書館

えほけん図書館の写真

絵本創作研究会
多摩美術大学の「絵本創作研究会」略して「えほけん」のみなさんが制作した、素敵な絵本が並びます。ぜひ実際に手に取ってお楽しみください。

(4)へんてこ動物の森カーテン

へんてこ動物の森カーテンのイラスト

ズーラボ
東京造形大学テキスタイル専攻の学生とOG達によるチーム「ズーラボ」による巨大カーテンがアートラボに出現!動物をかたどった模様が会場をにぎやかに彩ります。

(5)ズンマチャンゴのかけら箱(展示)

ズンマチャンゴのかけら箱の写真

ズンマチャンゴ
誰もが幼少期に経験する“ごっこ遊び”の究極の進化系といえる4人組「ズンマチャンゴ」による移動型ステージを展示します。

(6)はしもとで考えたこと、これまでとこれからのこと

はしもとで考えたこと、これまでとこれからのことの写真

泥沼コミュニティ
橋本の街で、一年間継続して活動を行うアートグループ「泥沼コミュニティ」による、活動の記録と計画を展示します。来場者も一緒に考えるための作業スペースも設けます。

このページに記載されている情報の担当課

アートラボはしもと
住所:〒252-0146 緑区大山町1-43
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る