エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化アートラボはしもと平成27年度 展覧会・イベント一覧 › 泥沼コミュニティ「見えない“もの”の声をきく」

ここから本文です。

泥沼コミュニティ「見えない“もの”の声をきく」

概要

泥沼コミュニティが、アートラボはしもとを拠点2016年3月まで行う、神奈川県相模原市の橋本地区で行う活動のひとつとして、トークイベント「見えない“もの”の声をきく」を開催します。
私たちは橋本の街をリサーチしていくうち、普段は見えていたり、気になったりする出来事があるのに、なぜか「地域活動」という名目においては見えづらくなってしまうことがあるのでは?という疑問が生じ、見えづらくなってしまうものにフォーカスする企画を、アーティスト・菅谷奈緒に依頼しました。菅谷は、見えづらくなっているものを幽霊や妖怪、心霊スポットにまつわる噂を通して見ることができるのではないかと考え今回のトークイベントを企画しました。
幽霊や妖怪など目には見えない存在について、さまざまな分野で研究している方をお招きして話し合う場をつくります。ぜひご参加ください。

「見えない“もの”の声をきく」

怪談、都市伝説、恐怖体験などの「怖い話」はなにを意味し、どのように語られるのでしょうか。それらは一般に非科学的であり、非公式なものであり、真偽の定かでないものとされます。しかし、「真実とはなにか」ではなく「私たちはどのように現実を解釈、認識し、再生産しているのか」を考える手がかりとして、「怖い話」は有効ではないかと考えます。

民俗学者の小松和彦によれば、妖怪とは「人々の心の中にある『不安』や『恐怖心』が形象化されて物語化されて社会に吐き出されたもの」であり、さらに「妖怪というもののそれぞれ異常性の背後に、『異人』集団あるいは異なった職業集団というものが見え隠れして」おり、「よく知られた河童という妖怪にも、『異人』に対する偏見や“差別”の意識が働いていた」と言います。つまり異人とは「私たち」の共同体の外部に存在し、得体が知れないがゆえに恐怖を呼び起こす存在と言えるでしょう。そしてその恐怖ゆえに異人に対する差別が正当化されることもあり得るのです。

今回、幽霊、妖怪、怖い話をテーマに、民俗学、社会学、芸術表象などの分野で研究している方をゲストにお招きし、「私たち」が身を置くこの社会について、そしてこの社会で恐怖をもって語られる「かれら」との共生はいかに可能であるのか考えるためのトークイベントを開催します。

菅谷奈緒

  • 主催 泥沼コミュニティ(女子美術大学助手 萩原綾乃、大学院洋画専攻修了生 榎本浩子、大学院芸術表象研究領域修了生 沼下桂子によるアーティストグループ)
  • 共催 アートラボはしもと
  • 協力 女子美術大学
  • 後援 アートラボはしもと事業推進協議会(女子美術大学・桜美林大学・多摩美術大学・東京造形大学・相模原市)
  • 企画 菅谷奈緒 (アーティスト/女子美術大学大学院立体芸術研究領域修了)
  • ゲスト 飯島真理子(芸術表象/女子美術大学大学院芸術表象研究領域修了)/團康晃(社会学/東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍)/飯倉義之(民俗学/國學院大学文学部日本文学科准教授)
  • 開催日 8月8日(土曜日)
  • 時間 午後7時~9時
  • 対象 なし
  • 参加費 無料
  • 会場 アートラボはしもと 2階 ラウンジ

※予約なし、直接会場にお越しください。

問い合わせ

  • Eメール doronumacommunity@gmail.com
  • イベント当日の連絡先(会場案内など) 電話042-703-4654(アートラボはしもと)

関連情報

このページに記載されている情報の担当課

アートラボはしもと
住所:〒252-0146 緑区大山町1-43
電話:042-703-4654 ファクス:042-703-4659
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る