エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリーアートスポット展示一覧 › 心に残るあの作家シリーズ#11 上條明吉展 -何処へ-

ここから本文です。

心に残るあの作家シリーズ#11 上條明吉展 -何処へ-

独特の世界観を持ち、人々の心に残る作品を制作し続けた本市ゆかりの作家を紹介する相模原市民ギャラリー・アートスポット展示「心に残るあの作家シリーズ」の11回目として上條明吉を紹介します。
上條明吉は、相模原市に長く居住し、東京展や海外でのグループ展、個展などで作品を発表しながら、妻で洋画家の上條陽子とともに相模原芸術家協会創立(1992年)に参加するなど相模原市の美術振興に貢献した作家です。
上條は2004年に病魔に侵され、以降は右半身麻痺・言語障害が残る身でありながらも、利き手でない左手で絵を描き続けてきました。その後、別の病気を患い、さらなる闘病生活を送りながらも制作活動を続け、昨年12月に他界しました。本展では初期の作品から晩年までの作品(100~120号の大作4点と6~10号の小品4点ほど)を展示し、作家の画業を紹介します。

談合 3
《談合 3》 1979年 / 油彩 / 132 × 163cm

猫
《猫》 1980年代 / 油彩 / 45.5×38cm

生きる
《生きる》 2010年 / 油彩 / 194×130.5cm

日時

  • 会期:平成27年3月14日(土曜日)~4月26日(日曜日)
  • 時間:午前9時~午後8時(土・日曜日、祝日等は午後5時まで)

プロフィール

上條 明吉(かみじょう あきよし)

略歴

  • 1934 長野県松本市生まれ
  • 1957 日本大学芸術学部美術学科卒業
  • 2014 逝去(享年80歳)

主な展覧会

  • 1975 個展(フタバ画廊 / 東京)
  • 1980 「第6回東京展」東京展賞受賞 東京都美術館 / 東京
  • 1999 「KOREA+JAALA展」ソウル市立美術館 / 韓国
  • 2002 「五人の反戦画家」展(針生一郎企画) 原爆の図丸木美術館 / 埼玉
  • 2004 個展(紀伊国屋画廊 / 東京)
  • 2011 個展(ギャルリーヴェルジェ / 神奈川)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る