エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリーアートスポット展示一覧 › ギャラリースタッフセレクション#54 山本恭子 展 -さがしもの-

ここから本文です。

ギャラリースタッフセレクション#54 山本恭子 展 -さがしもの-

市民ギャラリーでは、アートスポットにおいて市ゆかりの作家を紹介するミニ展示、「ギャラリースタッフセレクション」を開催しています。その54回目となる今回は山本恭子を紹介します。
山本は京都市立芸術大学工芸科染織専攻卒業後、ろうけつ染めによる作品を制作し、個展を開催するほか、所属する日本新工芸作家協会や相模原芸術家協会のグループ展などに出品し、精力的に活動を継続してきました。近年は、幼少時代を過ごした昭和の風景や記憶をテーマとした作品を制作しており、電柱やカラス、ゴム動力飛行機などがモチーフに選ばれています。郷愁を探るかのようなこれらの作品からタイトルをとった本展では、木綿を利用した最新作や麻布を利用した近年の作品を中心に展示します。

《みあげる》
《みあげる》 2015年 / ろうけつ染め、木綿 / 130 × 65cm

《忘れ物》
《忘れ物》 2015年 / ろうけつ染め、木綿 / 130 × 65cm

日時

  • 会期:平成27年5月2日(土曜日)~6月14日(日曜日)
  • 時間:午前9時~午後8時(土・日曜日、祝日等、~午後5時)

プロフィール

山本恭子(やまもと きょうこ)

略歴

  • 1961 大阪府生まれ
  • 1984 京都市立芸術大学工芸科染織専攻卒業

主な個展

  • 1989 川端康成文学館ギャラリー / 大阪
  • 1990 ギャラリー壺 / 大阪(グループ展含め13回開催)
  • 1995 ギャラリートーニチ / 神奈川
  • 2000 ギャラリーサガン / 神奈川

主なグループ展

  • 1996 「相模原芸術家協会展」相模原市立博物館 / 神奈川(以後毎年出品)
  • 2002 「日本新工芸展」国立新美術館 / 東京(以後毎年出品)
  • 2003 「染・織・紐」ギャラリーるなん / 東京(2013年まで7回開催)

日本新工芸作家協会 会友
相模原芸術家協会 会員

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る