エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリーアートスポット展示一覧 › ギャラリースタッフセレクション♯59 菅沼稔展 ―記憶の痕跡―

ここから本文です。

ギャラリースタッフセレクション♯59 菅沼稔展 ―記憶の痕跡―

相模原市在住の画家・菅沼稔は、記憶のなかにある様々な出来事を「形」ではなく「色」に変換し、絵画として表現しています。今回は100号から10号までの作品9点により、その世界を紹介。形ではなく、色そのものによって語られる作品の存在感にご注目ください。

作品 《No.1613》の写真
タイトル《No.1613》 平成28(2016)年 / 油彩 / 91×72.7cm

日時

  • 会期:平成28年6月25日(土曜日)~7月30日(土曜日)
  • 時間:午前9時~午後8時(土・日曜日、祝日等は~午後5時)

プロフィール

菅沼稔 (すがぬま みのる)

経歴

  • 昭和49(1974)年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
  • 昭和51(1976)年 東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻修了
  • 昭和57(1982)年 神奈川県美術展出品 (第17回・第30回及び第35回美術奨学会賞、第34回特選)
    第9回グレンヒェン国際色彩版画トリエンナーレ展、買い上げ賞
  • 平成4(1992)年 相模原芸術家協会創立記念展に参加(グリーンホール相模大野)平成12年まで在籍
  • 平成9(1997)年 相模原の抽象絵画展(相模原市立博物館)
  • 平成10(1998)年 モダンアート展、新人賞及び俊英作家賞(東京都美術館、埼玉県立近代美術館 平成21年まで在籍)
  • 平成12(2000)年 第29回現代日本美術展、横浜美術館賞(東京都美術館、京都市美術館)
  • 平成13(2001)年 文化庁派遣芸術家在外研修員のため欧州滞在(2001~02年)
    第1回CAT展に参加 (グリーンホール相模大野、以後平成22年ファイナル展まで)
  • 平成16(2004)年 第2回利根山光人記念大賞展ビエンナーレきたかみ、奨励賞(北上市、岩手)
  • 平成19(2007)年 DOMANI明日展(文化庁主催、損保ジャパン東郷青児美術館)
  • 平成20(2008)年 バーラトバーバン国際版画ビエンナーレ展(インド)、名誉賞受賞
  • 平成23(2011)年 現在進行形展(多摩市、ゆう桜ヶ丘コミュニティセンター平成24、26、27年)
  • 現在 日本美術家連盟会員、相模女子大学非常勤講師

作品収蔵

ポーランド・クラコウ国立美術館、アメリカ・サンフランシスコ近代美術館、フランス・パリ国立図書館、イギリス・大英博物館、東京国立近代美術館、東京芸術大学美術館、町田市立国際版画美術館、創形美術学校、沼津市立病院、イスタンブール版画美術館、イタリア・クレモナ市民美術館、ブルガリア・ラルゴギャラリー、ポルトガル・デューロ美術館等(以上、版画)、足立区勤労福祉会館、相模原市民ギャラリー、横浜美術館、沼津市立沼津高等学校、沼津市庄司美術館、三島信用金庫、佐野美術館(以上、油画)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る