エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › 2004(平成16)年度自主企画展 市制50周年記念―相模原を愛した日本画家―吉川啓示展

ここから本文です。

2004(平成16)年度自主企画展 市制50周年記念―相模原を愛した日本画家―吉川啓示展

吉川啓示展

昭和29年11月、相模原市が誕生しました。
その前年9月、吉川啓示は初めて院展に入選しました。以後、彼は日本画家として着実に歩みを進め、94歳になった今でも元気に制作活動に励んでいます。
相模原の美術を語るうえで吉川啓示の存在を忘れることはできません。郷土出身の画家としていち早く中央画檀に名を連ね、広く著名作家と親交を結ぶ傍ら、常に本市の美術界をリードしてきました。50年以上の活動歴をもつ「さがみ美術協会」も市内在住作家で組織される「相模原芸術家協会」も、その設立にはすべて彼が関わっています。また、高齢者を対象とした大学「あじさい大学」をはじめ、彼の手ほどきを受けたアマチュア作家も数多くいます。いわば「相模原の美術史は、吉川啓示の画業そのもの」といっても過言てはありません。
本展では、相模原市制50周年を記念し、相模原をもっとも愛し、相模原でもっとも知られる日本画家吉川啓示の画業を回顧しながら、本市の美術史50年を振り返るものです。

  • 会期
    平成16年11月6日(土曜日)から12月5日(日曜日)まで
    午前10時から午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
  • 休館日 水曜日
  • 観覧料
    一般 300円
    学生(高校生以上・要学生証) 200円
    (注)中学生以下/65歳以上/身障者およびその介護者/ひとり親家庭の方は、無料
  • 主催 相模原市教育委員会
  • 企画 相模原市民ギャラリー
  • 後援 神奈川新聞社、相模経済新聞社、株式会社タウンニュース社、J-COMBroadband相模原、tvk(テレビ神奈川)、FMヨコハマ、株式会社エフエムさがみ
  • 協力 相模原市老人クラブ連合会、上溝地区自治会連合会、JA相模原市、相模原芸術家協会、さがみ美術協会片野湘雲顕彰会、相模原市書店協同組合、相模原駅ビルNOW、神奈川中央交通株式会社、相模神奈交バス株式会社、読売ほうむたうん、読売センター相模原北部店、株式会社ハシモトコーポレーション

写真 展示の様子1

写真 展示の様子2

吉川啓示略年譜

  • 1909(明治43)年
    相模原市上溝に生まれる
  • 1929(昭和4)年
    片野湘雲に師事、日本画南北合法の指導を受ける
  • 1930(昭和5)年
    読画会展覧会に出品初入選(「木瓜」)
    その後連続4回同展に入選「木瓜に連雀」「惜春」「鶏頭」「木瓜」
  • 1933(昭和8)年
    ハマ展初入選「猫と朝顔」
    9月より翌年4月まで山梨、長野、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山、三重、愛知、静岡の各地を遊歴し、写生に精進する
  • 1935(昭和10)年
    神奈川県警察官となり、中断
  • 1951(昭和26)年
    ハマ展入選最高賞受賞、会員に推挙「牡丹」「百日草」
  • 1952(昭和27)年
    新制作派展初入選「ビルの窓」
    ハマ展出品「幼稚園」、爾来会員として春秋二回展に出品
  • 1953(昭和28)年
    第38回院展初入選「アパート」
    以後平成2年まで入選
    パリにおいて開催された警察国際展出品
    院友に推挙
  • 1957(昭和32)年
    前田青邨に師事
  • 1974(昭和49)年
    日本美術院特待に推挙、無鑑査となる
  • 1979(昭和54)年
    相模原市市民文化彰受賞
  • 1981(昭和56)年
    日中交流協会第4次訪中団に参加
    以降4回訪中、中国各地をスケッチする
  • 1987(昭和62)年
    本年から平成14年まで、市あじさい大学日本画講師
    本年から平成2年までに院展30回、春の院展31回入選
  • 1991(平成3)年
    画集「相模原百景」刊行
  • 1992(平成4)年
    「ぐるりさがみはら」刊行
  • 1993(平成5)年
    「写生帖の中から(国内編)(中国編)」刊行
  • 1994(平成6)年
    画業66年記念屏風絵・スケッチ原画展開催
    スケッチ原画200点(日本・中国各100点)を市に寄贈
  • 1995(平成7)年
    「南北合法四君子」刊行
  • 句画集坂東三十三霊場巡り「ひとすじの道」刊行
  • 1997(平成9)年
    米寿記念展開催(相模原 ギャラリートーニチ)
    「相模川の四季(絵葉書十枚組)」を制作発行
    「思いだすままに<自伝>」刊行
  • 1998(平成10)年
    「神奈川名所百五十景」刊行
  • 1999(平成11)年
    神奈川県現代名所図絵展(横浜 有隣堂ギャラリー)
  • 2000(平成12)年
    「四国八十八ケ所スケッチ」刊行
  • 2001(平成13)年
    「秩父三十四ケ所札所巡り」刊行
  • 2003(平成15)年
    「奥の細道を訪ねて」吉川啓示展開催

講演会

作家本人を招いた講演会を行いました。

  • 会期 11月14日(日曜日) 午後2時から3時
  • 会場 市民ギャラリー会議室・展示室

作家本人を招いた講演会

作家本人を招いた講演会2

ギャラリートーク

当館スタッフによる作品解説を行いました。

  • 会期 11月7日(日曜日)、21(日曜日) 午後2時から午後3時まで
  • 会場 市民ギャラリー会議室・展示室

スタッフによる作品解説

スタッフによる作品解説2

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る