エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › さがみはらあーと01

ここから本文です。

さがみはらあーと01

相模原に在住在勤の若手作家を中心とした展覧会。
「見ること(鑑賞すること)」をテーマに、1970年代生まれの若手作家7名(田端麻子、後藤智、韮山康宏、原正佳、佐原路子、水野暁、吉田拓也)を選出し開催。絵画・彫刻という「枠」にとらわれないインスタレーションもふまえた作品などを展示。作家の作品についての生の言葉(インタビュー)を映像化し、展示室にて紹介すると共に、若手作家個々のパンフレットと「生きること、制作すること」に焦点をあてた解説文(テキスト)を附随しました。

  • 会期
    平成13年7月14日(土曜日)から8月5日(日曜日)まで
    午前10時から午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
  • 休館日 水曜日
  • 観覧料 無料
  • 主催 相模原市教育委員会
  • 企画 相模原市民ギャラリー

後藤 智

佐原 路子

韮山 康宏

原 正佳

水野 暁

田端 麻子

吉田 拓也

さがみはらあーと01 <第1部>7ARTISTS -style/life展 <第2部> モリワキットエキスポ展

写真1

写真2

写真3

写真4

テーマ「つくること」

「つくること」をテーマに電子メディアアーティスト森脇裕之氏(多摩美術大学助教授)と、彼が教鞭をとる多摩美術大学情報デザイン学科の2・3年生の生徒による展覧会「ワンダープール」を同時開催。現代アートにおける様々なメディアへの可能性を示唆し、電子機器を素材として制作した作品を展示。併せて、森脇氏の作品のミニチュア版であるモリワキットを制作するワークショップを実施しました。(講師 森脇裕之氏)
また、展示室内で公開制作も行い、完成披露として最終日にパフォーマンス集団「ウル」(同大学生)とともにJR相模原駅前ペデストリアンデッキにて出品者全員によるパフォーマンスを行いました。

  • 会期
    2001年8月11日(土曜日)から9月2日(日曜日)まで
    午前10時から午後7時まで(入館は午後6時30分まで)
  • 休館日 水曜日
  • 観覧料 無料
  • 主催 相模原市教育委員会
  • 企画 相模原市民ギャラリー

出品作品

森脇裕之(もりわき ひろゆき)

  • rayo=graphy
  • タイヨ*グラフィー
  • 消エルタメニ光ル
  • 時花(トキハナ)

消エルタメニ光ル

時花(トキハナ)

イメージ

多摩美術大学情報デザイン学科

  • LIFE TIME 大澤洋介
  • 砂場 大谷佳代
  • loop warp 関崎香枝
  • 輪 高田梓
  • Recycle of tree 豊村華代
  • ミエナイチカラ 酒井智子
  • 永遠回転盤 曽田玲奈
  • 時空間旅行 中島みゆき
  • デン気移動シャ 前田環子
  • かとんカトン 渡邊郁美
  • Bubbly Vision マツシマシンヤ

Bubbly Vision

loop warp

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る