エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › 2008(平成20)年度自主企画展 片野湘雲とその一門展

ここから本文です。

2008(平成20)年度自主企画展 片野湘雲とその一門展

片野湘雲「雪中白鷹図」(昭和47年頃 個人蔵)

片野湘雲「谷間之秋」(大正13年 個人蔵)

きょうは信州、あすは東海 絵筆一本世間をわたる謎の遊歴画家 片野湘雲!!

昭和初期、現在の相模原市上溝に日本画の画塾が開かれました。塾生は吉川啓示・伊藤弘人・山本松枝ら後の院展画家。そして彼らが師と仰いだのが片野湘雲でした。

片野湘雲は明治8年、上溝の提灯職人の子として生まれました。ほぼ独学で日本画や書を学び、いつしか荒木十畝ら有名画家、さらには有力政治家や富豪とつながりを持つようになり、しばしば彼らと行動を共にするようになります。また、画家としての活躍も相模原市域に限ったものではなく、厚木や愛川、さらには遠く信州や東海にまで及び、むしろそちらでの活躍が語り草になるほどでした。

本展では、相模原の美術文化の礎を築きながら、人生の大半を他方の空の下で過ごし、多くの謎を残したまま他界した日本画家・片野湘雲の画業を、市内外の旧家や長野県の山村に残された掛け軸・襖絵、さらには遊歴(諸国を巡ること)の際の写生帖などから探ってみたいと思います。

酒が好きで住まいを転々としながら画業に明け暮れる…人間性溢れる大正期の日本画家の世界をご堪能ください。

展覧会概要

会期

  • 平成20年11月1日(土曜日)から11月30日(日曜日)まで
  • 午前10時から午後7時(入館は午後6時30分)まで

休館日

水曜日

観覧料

  • 一般(高校生以上)300円
  • 65歳以上の人150円
  • ※中学生以下、障がい者及びその介添え者、ひとり親家庭の人は、無料でご覧になれます。(要証明書)

主催

相模原市

企画・制作

相模原市民ギャラリー

後援

  • 神奈川新聞社
  • 相模経済新聞社
  • タウンニュース社
  • tvk
  • ジェイコム関東
  • エフエムさがみ

協力

  • 片野湘雲画伯顕彰会
  • 天龍村教育委員会
  • 読売センター相模原北部店
  • 神奈川中央交通
  • 相模神奈交バス
  • 津久井神奈交バス

関連事業のご案内

講演会「片野湘雲の時代」

  • 日時:11月2日(日曜日)午後2時から3時30分
  • 講師:篠原 弘(美術評論家)
  • 会場:相模原市民ギャラリー会議室
  • 定員:30名(当日先着順、申込不要)
  • 料金:参加無料(要観覧券)

担当学芸員によるギャラリートーク

  • 日時:11月9日(日曜日)・30日(日曜日)午後2時から3時
  • 料金:参加無料(要観覧券、申込不要)
  • 会場:相模原市民ギャラリー

探訪会「湘雲ゆかりの地を訪ねて」

  • 日時:11月16日(日曜日)午前10時(1時間程度)
  • 案内:担当学芸員
  • 定員:20名(抽選)
  • 申込:ギャラリーに直接か電話でお申込ください。
    ※上溝周辺の湘雲ゆかりの地を歩きます。 詳細はお問合せください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る