エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › 2008(平成20)年度自主企画展 吉川啓示-淡彩写生画百景展-

ここから本文です。

2008(平成20)年度自主企画展 吉川啓示-淡彩写生画百景展-

2008(平成20)年度自主企画展 吉川啓示-淡彩写生画百景展-

吉川啓示「山梨甲州織物センター前にて」

淡い色で彩色された素朴な写生画。一昨年、95歳で他界した日本画家・吉川啓示さんが描き残したものです。

吉川さんは、溝村(現在の相模原市上溝)の出身で、院展(日本美術院)を中心に長年にわたって活躍されました。院展への出品作品は、異国情緒漂う横浜の街並みが中心でしたが、院展引退後は矢立(携帯用の筆)を手に全国を巡り、市域や県内はもとより、坂東三十三霊場、四国八十八ケ所、奥の細道、さらには中国と巡りわたり、2万枚もの写生画を残したといわれています。

今回の展覧会では、このうちの相模原(津久井)・山梨・長野・奈良など、思い出深い各地の名所旧跡を100枚の写生画でご紹介します。
どことなく懐かしさがこみ上げる淡彩写生画の世界を、ぜひご堪能ください。

展覧会概要

会期

平成20年12月6日(土曜日)から12月21日(日曜日)まで 午前10時から午後7時(入館は午後6時30分)まで

休館日

水曜日

観覧料

一般(高校生以上)300円 65歳以上の人150円
※中学生以下/障がい者及びその介添え者/ひとり親家庭の方は、無料でご覧になれます。(要証明書)

主催

相模原市(相模原市民ギャラリー)

後援

読売センター相模原北部店、神奈川中央交通、相模神奈交バス、津久井神奈交バス

関連事業のご案内

担当学芸員によるギャラリートーク

  • 日時 12月7日(日曜日)午後2時~3時
  • 会場 市民ギャラリー展示室〔参加無料・直接会場へ〕

美術評論家によるギャラリートーク

  • 日時 12月14日(日曜日)午後2時~3時
  • 会場 市民ギャラリー展示室〔参加無料・直接会場へ〕
  • 講師 篠原弘(美術評論家)+ 担当学芸員

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る