エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › 相模原の女性画家展―時代を翔る女たち―

ここから本文です。

相模原の女性画家展―時代を翔る女たち―

昭和53年(1978)年、当時、“美術界の芥川賞”と謳われた「安井賞」を、相模原のアーティスト上條陽子が女性で初めて受賞した頃は、まだまだ歓迎されるような雰囲気ではなかったといいます。1960年代後半、アメリカで起った女性解放運動=ウーマンリブは、その後、日本にも大きな影響を与えましたが、上條が受賞した当時は、まだ見に見えない壁があったのでしょうか。

それから50年近くの年月が流れ、今では女性アーティストの活躍もごく日常的なものとなっています。
相模原においても、相模原芸術家協会の女性会員をはじめ、多くの女性画家や彫刻家などが市域で活躍をつづけ、特に、平成2(1990)年の女子美術大学の移転からは、その数も飛躍的に増加しています。
本展では、恵まれた美術環境にあるこの相模原において、長らく活動を続ける熟練の女性画家や若手女性画家に注目し、彼女らの新作・話題作を紹介すると同時に、市が収蔵する女性画家たちの作品を併せて紹介します。

「玄黄・律」(市収蔵作品)上條 陽子

「ウサギねずみの対話 ver.32」大谷 有花

展覧会概要

  • 会期 平成25年8月10日(土曜日)~8月25日(日曜日)
    午前10時~午後6時 入館は午後5時半まで(水曜日休館)
  • 会場 相模原市民ギャラリー 全展示室
  • 主催 相模原市(相模原市民ギャラリー)
  • 後援 J:COM相模原・大和/エフエムさがみ/タウンニュース社/相模経済新聞社
  • 協力 神奈川中央交通/相模神奈交バス/津久井神奈交バス/読売センター相模原北部店/セレオ相模原/相模原イッツ

関連プログラム

ギャラリートーク

  • 期日:8月10日(土曜日)・8月17日(土曜日)・8月24日(土曜日) いずれも午後2時~3時
  • 展示作品の解説などを行います

ワークショップ「大切な人に贈るうちわを作ろう」

  • 期日:8月18日(日曜日)午後2時~4時
  • 講師:山田 まほ氏(出品作家、日本画家)
  • 内容:大切な孫や子・家族に贈る水彩画うちわを作成します。
  • 対象:大人(中学生~)
  • 定員:先着20人
  • 申込み方法:市民ギャラリーに電話にてお申込みください。
  • 電話/042-776-1262(受付:午前9時~午後5時/水曜日休館)

ワークショップ「体験!現代アートに触れてみよう」

  • 期日:8月25日(日曜日)午後2時~4時
  • 講師:真島 明子氏(出品作家、現代美術家)
  • 内容:板や木端などで自分なりの現代アート作品を作ります。
  • 対象:大人(中学生~)
  • 定員:先着20人
  • 申込み方法:市民ギャラリーに電話にてお申込みください。
  • 電話/042-776-1262(受付:午前9時~午後5時/水曜日休館)

相模原の女性画家展の出展作家による小作品展示です。
展示室で開催する本展と併せてお楽しみください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る