エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧 › 抽象―2つの感性 上條陽子 真島明子 展

ここから本文です。

抽象―2つの感性 上條陽子 真島明子 展

市内に在住する2人の現代美術家・上條陽子さんと真島明子さんの作品を紹介します。
素材も技法も異なる2人の個性的な作品をとおして、「抽象」の魅力に触れます。

上條陽子《歪(ゆがみ)》 の写真
上條陽子《歪(ゆがみ)》平成25年

真島明子《Existence14-03》 の写真
真島明子《Existence14-03》平成26年

展覧会概要

会期

平成27年8月8日(土曜日)~23日(日曜日)
午前10時-午後6時 入館は午後5時半まで (水曜日休館)
入館無料

会場

相模原市民ギャラリー 全展示室

主催

相模原市 (相模原市民ギャラリー)

後援

J:COM相模原・大和/エフエムさがみ/タウンニュース社/相模経済新聞社

協力

神奈川中央交通/相模神奈交バス/津久井神奈交バス/読売センター相模原北部店/セレオ相模原/相模原イッツ

出品作家略歴

上條陽子

神奈川県生まれ、相模原市在住

  • 昭和53年 第21回安井賞受賞
  • 昭和56~57年 文化庁派遣芸術家在外研究員として1年間ヨーロッパに滞在
  • 平成元年 個展 渋谷パルコ/東京
  • 平成4年 個展「上條陽子の世界展」池田20世紀美術館/静岡
  • 平成6年 個展「群青に舞う」石川県立美術館/石川
  • 平成18年 個展「厚紙平面大劇場」相模原市民ギャラリー/神奈川
  • 現在 女流画家協会委員、相模原芸術家協会会長

真島明子

佐賀県生まれ、ニューヨークと相模原市に在住

  • 昭和51年 武蔵野美術大学彫刻科卒業、昭和53年に渡米
  • 昭和61年 個展 14 Sculptors Gallery/ニューヨーク
  • 昭和62年 「アートドキュメント'87」栃木県立美術館/栃木
  • 昭和63年 Pollock-Krasner Foundation Grant受賞
  • 平成8年 個展 OK Harris Works of Art/ニューヨーク
  • 平成13年から相模原市にも居を構えニューヨークと往復して活動
  • 平成20年 「魔女たちの九九」武蔵野美術大学美術館/東京
  • 現在 相模原芸術家協会会員

関連イベント

ギャラリートーク(申込不要)

  • 日時 8月8日(土曜日) 午後1時30分~2時30分
  • 場所 市民ギャラリー展示室
  • トーク 上條陽子、真島明子(出展作家)
  • ゲスト 小勝禮子(栃木県立美術館学芸課長)
  • 内容 ゲストを交えた出品作家とのトークショー。制作の意図や活動に伴うエピソードなどについてお話しいたします。

関連展示

相模原市民ギャラリーアートスポットで、出品作家の小作品、ドローイング(素描)等を展示します。

  • 会期 8月8日(土曜日)~8月30日(日曜日)
  • 時間 午前9時~午後8時(土曜・日曜は午後5時まで)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る