エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリー自主企画展一覧大谷有花×川田祐子 2人展 › 「大谷有花×川田祐子 2人展」関連ワークショップ

ここから本文です。

「大谷有花×川田祐子 2人展」関連ワークショップ

「浮かび上がる歴史 スクラッチ絵画」

写真

  • 日時 8月4日(土曜日)
  • 場所 相模原市民ギャラリー
  • 対象 小学生から大人
  • 相模原の歴史を題材とした作品を、スクラッチとハッチングという技法を用いて制作しました。

1. 展示室でごあいさつ。「はじめまして」

写真 ワークショップの様子1

2. スクラッチ技法とハッチング技法の説明。

写真 ワークショップの様子2

3. ルーペを持って観察。

写真 ワークショップの様子3

4. 会議室で、参加者自己紹介。

写真 ワークショップの様子4

5. 相模原の歴史を柳川学芸員が解説。

写真 ワークショップの様子5

6. ノートパソコンで編集した画像がプロジェクターで映し出されました。

写真 ワークショップの様子6

7. 相模原の歴史が浮かび上がったスクリーンは、これから参加者が制作する作品です。

写真 ワークショップの様子7

8. 相模原の未来が託された土地が、25枚の作品に分割されて、参加者に配られました。

写真 ワークショップの様子8

9. その土地はどこなのか、スクラッチで掘り起こしていきます。画鋲やニードルを使いました。

写真 ワークショップの様子9

10. スクラッチ作業開始。

写真 ワークショップの様子10

11. スクラッチに調子が出て来ました。

写真 ワークショップの様子11

12. 次第に土地の様子が見えて来ました。

写真 ワークショップの様子12

13. だいたいのところで、一度作品を集めて見ました。

写真 ワークショップの様子13

14. 集めてもあまりよくわかりませんが、だんだん作品らしくなってきました。

写真 ワークショップの様子14

15. プロジェクターで相模原の未来が託された土地の秘密が明かされます。

写真 ワークショップの様子15

16. それは補給廠でした。衛星写真が埋まっていたのです。

写真 ワークショップの様子16

17. 補給廠は一部返還されることになりました。その土地をペンで新しく塗り替えていきましょう。

写真 ワークショップの様子17

18. ペイントマーカーは、よく振ってインクを出します。

写真 ワークショップの様子18

19. 思い思いの色を重ねていきます。

写真 ワークショップの様子19

20. アルコール系のペンは、下に修正ペンの白色を塗っておくときれいな色に塗れます。

写真 ワークショップの様子20

21. たくさんスクラッチしたので、削りすぎたところに金や銀のペンも塗ってみます。

写真 ワークショップの様子21

22. スクラッチをあまりせず、線の動きの面白さを追求する人もいます。

写真 ワークショップの様子22

23. 補給廠の倉庫の屋根をうまく利用した作品です。

写真 ワークショップの様子23

24. 戦争のこと、土地の歴史のこと、相模原の未来に向けて今の自分の気持ちを紙に書きます。

写真 ワークショップの様子24

25. 出来た作品をワークショップ展示コーナーにアルファベット順に並べていきます。

写真 ワークショップの様子25

26. 離れて見たり、つなげて見たり、いろいろな見方が出来る作品です。

写真 ワークショップの様子26

27. 「思いだす作品を制作してきました。思い出は心の中で美しくなるからです。今回は相模原の歴史(=思い出)をスクラッチで発掘しました。

写真 ワークショップの様子27

28. 展示完成。「相模原補給廠が新しく生まれ変わりました!」

写真 ワークショップの様子28

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る