エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化相模原市民ギャラリーワークショップドキュメント(美術普及事業) › 上條陽子展関連企画 迷舞(めいまい)

ここから本文です。

上條陽子展関連企画 迷舞(めいまい)

  • 日時 平成18年11月5日(日曜日)
  • 場所 相模川自然の村公園
  • 対象 大人

ワークショップの風景1

ワークショップの風景2

ワークショップの風景3

ワークショップの風景4

不思議な一団、現る

11月5日(日曜日)、相模川自然の村公園に不思議な一団が現れ、同公園を訪れた人々を驚かせた。これは相模原市民ギャラリーで開催中の「上條陽子展  厚紙平面大劇場」に伴う、ワークショップで、上條氏が参加者と一緒にビデオ・アートをつくったもの。

市民や美大生などがその場で異様な出で立ちに変身。妖艶な踊り子や猫娘・魔女・虎など16名の即興素人劇団員が、劇団「うろのひびき」を主宰する伊藤創・純子夫妻の演奏・舞踏にリードされ、池の周囲や古民家の座敷、芝生の上で舞い踊った。公園を訪れた人々は素人とは思えないパフォーマンスに驚き、盛んな拍手をおくり、なかには記念写真まで撮る外国人家族もあらわれた。

上條氏は、踊り子をモデルにしながらデッサンをすることで知られている。これはそのデモンストレーション。この模様はビデオ作品となり、10日以降に市民ギャラリーの「上條陽子展」の会場で放映された。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

相模原市民ギャラリー
住所:〒252-0231 中央区相模原1-1-3 セレオ相模原4階
電話:042-776-1262 ファクス:042-776-1895
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る