エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ観光・文化文化市収蔵美術品展示室 › 岩中 徳次郎

ここから本文です。

岩中 徳次郎

岩中 徳次郎(いわなか とくじろう)1897(明治30)年~1989(平成元)年

  • 洋画家
  • 和歌山県生まれ。

Work81-27B

「Work81-27B」の画像
「Work81-27B」 123.5×100 洋画 1981(昭和56)年制作

解説

「Work81-27B」〔わーく81-27B〕
「自然は球、円錐、円筒、立方体によって構成されている。」こうしたセザンヌの考え方に大きな影響を受けた作者は、幾何学的抽象と呼ばれる作風と独自の造形理論を掲げ、赤と青の明快な色彩で構成された本作をつくり上げました。

「捻」の画像
「捻」162×100(100号) 洋画 1982(昭和57)年制作

解説

「捻」〔ねん〕
対称的な赤と黒を基調に、シンプルな円と線によって塗り分けられた本作品ですが、交差を避けた中心の空間が間合いを生み、物体が捻じ曲げられたかのような面白さをつくり出しています。

森の唄

「森の唄」の画像
「森の唄」 60.6×90.9(30号) 洋画 1985(昭和60)年制作

解説

「森の唄」〔もりのうた〕
長方形の縦と横の比率が最も均整のとれているとされる状態の時、その縦と横の比率を黄金比と呼んでいます。不思議なことに自然界にはこの黄金比が至るところで確認されています。特に作者は植物の葉が有する黄金比を熱心に研究し、作品に取り込んできました。本作品も見た目はポップアートのようですが、その裏には緻密な計算が施されています。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

文化振興課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所第2別館4階
電話:042-769-8202 ファクス:042-754-7990
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る