エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

ここから本文です。

相模川に流れる灯ろうとライトアップされた小倉橋の写真

小倉橋灯ろう流し 平成28年8月16日(火曜日)

先祖や故人の供養、平和など様々な願いが込められた約700基の灯ろうに火を灯し、ライトアップされた小倉橋のたもとから相模川に流します。イベントの佳境に入ると花火が打ち上げられ、灯ろうに込めた人々の想いを華やかに照らしだします。

大きな花火がいくつも打ちあがっている写真

相模原納涼花火大会 平成28年8月27日(土曜日)

古くから多くの人々に愛される相模原市の夏の風物詩。昭和26年に地域の復興を願い花火を打ち上げたのが始まりで、昭和46年に「相模原納涼花火大会」となってから、今回で45回目を迎えます。会場の高田橋付近(中央区田名)には、多くの露店が並び、スターマインを中心に約8,000発の花火が夏の夜空を美しく彩ります。

白装束の男性たちが神輿を担いでいる写真

城山夏まつり 平成28年8月27日(木曜日)・28日(金曜日)

毎年、8月27日・28日に開催される川尻八幡宮(緑区川尻)の夏祭りです。27日の神幸祭では各地域の男性たちが白装束に身を包み、朝から御輿を担ぎ練り歩きます。28日は祭事が執り行われ、露店が立ち並び賑わいます。夕暮れになると各地域のお囃子連の山車が出て、祭囃子を奏でます。

NEW