• 市民カメラマンリポート
  • Report 緑区
  • Report 中央区
  • Report 南区

野鳥「ツミ」の子育ての観察(内藤賀三さん)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

印刷大きな文字で印刷

ページ番号1011152

平成29年度市民カメラマン
内藤賀三さんのリポート

  • 野鳥「ツミ」の子育ての様子の写真1
  • 野鳥「ツミ」の子育ての様子の写真2

桜が散り、若葉が一斉に芽吹く頃、緑区某所を散歩していると甲高く鋭い声で“ピヨーピヨーピヨピヨ”と鳴く野鳥の声が聞こえます。声の主は「ツミ」と言う日本で最小の猛禽(もうきん)類。
ツミは群れをつくることはあまり無く、単体、もしくはつがいで生活をします。繁殖期になるとクヌギやコナラの高さ20メートルから25メートル位の枝の分かれ目を利用して、細い枯れ枝やヒノキの葉などを組み合わせた巣を作ります。一度に生む卵は3~5個で、5月上旬には卵を抱きかかえて温める姿が見られました。カラスやオナガなどの外敵から卵を守るため、巣から離れることはほとんどなく、餌は雄が捕食して雌に与えます。今年は6月上旬に卵がかえり、3羽の雛が誕生しました。雛はその後たくましく成長し、無事に巣立ちました。雛を外敵から守り、風雨にもめげず必死に育てあげ、無事に巣立ちさせた親鳥には頭が下がる思いでした。
自然豊かな緑区ではツミなど野鳥だけでなく、梅、バラ、ラベンダー、アジサイなど四季折々の花を観賞できます。自然の中でバードウォッチング等を楽しみながら、生命の営みに触れてみてはいかがでしょうか。
(平成29年6月 平成29年度市民カメラマン 内藤 賀三さん)

このページに関するお問い合わせ

広聴広報課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館3階
電話:042-769-8200 ファクス:042-753-7831
広聴広報課へのメールでのお問い合わせ専用フォーム