エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ中央区交通安全・防犯の取り組み平成29年度実施結果 › 中央区の高齢者交通事故が多発しています

中央区

ここから本文です。

中央区の高齢者交通事故が多発しています

高齢者運転イラスト

中央区は、高齢者の交通事故が多発中で、9月1日付けで神奈川県交通安全対策協議会から「高齢者交通事故多発地域」に指定されました。中央区は6年連続の指定となっています。
65歳以上の高齢者が関係する交通事故は、自動車の運転中に加害者となる事故や歩行中の事故が多くなっていますので、交通ルールを守るとともに、自分の運転技術を過信しないなど、より一層の安全運転を心がけましょう。

高齢者が関係する事故件数
高齢者が関係する事故件数
(9月末現在・暫定値)
相模原市中央区
第1当事者※

相模原市中央区
第2当事者以下

自動車 156件 52件
自転車 11件 29件
歩行者 0件 17件
その他 4件 5件
合計 171件 103件

※「第1当事者」とは、最初に交通事故に関与した車両等の運転者又は歩行者のうち、当該交通事故における過失が重い者等をいう。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

中央区役所地域振興課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館1階
電話:042-769-9801 ファクス:042-757-2941
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る