エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページよくある質問 FAQ国民健康保険・年金 › 【国保・給付】高額療養費の支給申請手続きはどのようにすればよいのですか。

ここから本文です。

国民健康保険・年金 よくある質問 FAQ

FAQ-ID:S959

質問 【国保・給付】高額療養費の支給申請手続きはどのようにすればよいのですか。

回答

高額療養費に該当される世帯には、診療月の概ね3カ月後の上旬に国民健康保険課から「国民健康保険高額療養費支給申請書」が送付されます。申請の時効は、支給申請書の到着から2年となります。
送付された申請書に必要事項の記入と、該当している月の病院等の領収書のコピー(※)の添付が必要になりますので、領収書は申請まで大切に保管してください。
※ 領収書のコピーに関しては関連FAQ「【国保・給付】高額療養費支給申請書に添付するのは、どの領収書の写しでしょうか。」をご確認ください。
(注)マイナンバー制度における本人確認が必要な手続きです。詳細については、関連ページをご確認ください。

高額療養費とは、医療機関や薬局の窓口で支払った一部負担金が1カ月(月初から月末)で自己負担限度額を超えたときに、その超えた金額を支給する制度です。
お一人の一回分の窓口負担では、高額療養費の支給対象とならない場合でも、複数の受診や同じ世帯にいる他の人(市国民健康保険に加入している人に限る)の受診について、窓口でそれぞれお支払いになった一部負担金を1カ月(月初から月末)単位で合算することができます。また、同じ医療機関であっても、入院と外来、医科と歯科は別々に計算します。
なお、69歳以下の人の受診については、医療機関ごとの自己負担額(院外処方による薬代を含む)が、1カ月21,000円以上の場合に、複数の受診や同じ世帯にいる他の人の受診と合算できます。
差額ベッド代などの保険適用外のものや、入院時の食事代は高額療養費の対象となりません。

 

関連ページ

最終更新日:2016年3月7日

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

国民健康保険課(給付班)
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館1階
電話:042-769-8235 ファクス:042-751-5444
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

健康福祉局 保険高齢部 国民健康保険課

このページのトップへ戻る