エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報福祉 › 「共にささえあい 生きる社会」を目指して~12月3日から9日は障害者週間です~

ここから本文です。

「共にささえあい 生きる社会」を目指して~12月3日から9日は障害者週間です~

相模原市では、市民の皆さんに障害や障害のある方に対する理解を深めていただき、障害の有無に関わらず、全ての人が共に支え合って生きる共生社会の実現に向けて、「共にささえあい 生きる社会」のキャッチフレーズのもと、各種事業を推進しています。
12月3日から9日の障害者週間には、障害への理解を深めるための様々なイベントを開催します。是非、足をお運びください。

共にささえあい 生きる社会 をイメージした集合写真

ラッピングバス走行中!

「共にささえあい 生きる社会」をイメージしたデザインのラッピングバスが、平成30年2月まで市内路線を運行します。バスのデザインは加藤 乃梨佳(かとう のりか)さん(女子美術大学3年)が作成されました。街中で見かけた際には、是非ご注目ください。

ラッピングバスの画像

平成29年度相模原市障害者週間のつどい

「心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター」入賞者の表彰式、「しょうがい」がありながら活動するプロの音楽家集団『チームアウローラ』の演奏や相模原市少年少女合唱団による合唱、神奈川県立相模原中央支援学校によるパフォーマンス等を行います。

  • 日時 平成29年12月3日(日曜日)午後1時から午後3時30分まで
  • 会場 市立あじさい会館 1階 ホール(事前申込不要・入場無料)
  • 内容
    • 「心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター」入賞者表彰式
      心の輪を広げる体験作文 小学生部門 入賞者8名、高校生・一般部門 入賞者1名
      障害者週間のポスター 小学生部門 入賞者8名、中学生部門 入賞者6名
    • 障壁のない音楽会
      出演 「しょうがい」がありながら活動するプロの音楽家集団『チームアウローラ』、相模原市少年少女合唱団、神奈川県立相模原中央支援学校
  • 問い合わせ先 NPO法人相模原市障害児者福祉団体連絡協議会(れんきょう) 電話・ファクス 042-755-5282

※要約筆記及び手話通訳に対応しています。
※車いす席、ヒアリングループ(磁気ループ)席をご用意しています。

障害者週間関連事業

「心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター」展

  • 開催期間 平成29年12月1日(金曜日)から8日(金曜日)まで
  • 会場 あじさい会館1階 ロビー

相模原市障害者作品展

市内在住の障害のある人が制作した絵画、書道、生け花などの展示を行います。

  • 開催期間 平成29年12月1日(金曜日)から3日(日曜日)まで
    午前9時30分から午後4時まで(1日のみ正午から)
  • 会場 あじさい会館6階 展示室

清水一二氏写真展(リオパラリンピック写真)

写真家・清水一二氏が撮影したリオパラリンピック競技写真を展示します。

  • 開催期間 平成29年12月4日(月曜日)から8日(金曜日)まで
  • 会場 市役所本館1階 ギャラリースペース

ハンドメイドショップバオバブ

市内の施設に通う障害のある人が製作した製品を販売しています。
12月1日から25日のセール期間中は、500円購入でギフトセットをプレゼントします。

  • 営業時間 月曜日から土曜日 午前10時から午後5時まで ※3日は特別営業します。
  • 会場 あじさい会館1階 バオバブ店舗

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

障害政策課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-707-7055 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る