エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報福祉生活保護について › 生活保護法の改正による指定医療機関制度の見直しの概要について

ここから本文です。

生活保護法の改正による指定医療機関制度の見直しの概要について

指定医療機関制度の見直し

新法では、健康保険の取扱い等を参考に、指定医療機関制度についても見直しが行われており、その内容は主に次のとおりとなっています。

  • 指定医療機関の指定要件及び指定取消要件の明確化
  • 指定医療機関の指定の有効期間(指定の更新制)の導入
  • 不適切な事案等への対応の強化

生活保護法の改正による指定医療機関制度の見直し概要について

関連資料等

厚生労働省資料の抜粋

資料中の2ページ、10ページ、13ページをご参照ください。(資料の右下にページ番号が記載されています。)

提出書類

各様式は、次のリンクからダウンロードできます。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

地域福祉課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-9222 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る