エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報福祉障害のある人のために手当・給付金等 › 在日外国人障害者等福祉給付金

ここから本文です。

在日外国人障害者等福祉給付金

対象

昭和61(1986)年3月31日以前から日本国に居住し、1年以上市内に住所を有している人で、国籍要件や居住要件により、国民年金や厚生年金などの公的年金を受けることができない重度又は中度の障害のある人。
次の1から3のいずれかに該当する人が対象になります。

  1. 昭和37(1962)年1月1日以前に生まれた在日外国人の人で、昭和57(1982)年1月1日以前に重度又は中度の障害が発生した人
  2. 昭和22(1947)年1月1日以前に生まれた在日外国人の人で、昭和57(1982)年1月1日から昭和61(1986)年3月31日までの間に重度又は中度の障害が発生した人
  3. 日本人で、昭和36(1961)年4月1日から昭和61(1986)年3月31日までの間に重度又は中度の障害が発生し、かつ、障害が発生したとき日本国内に住所がなかった人

重度

  • 身体障害者手帳が1級又は2級の人
  • 療育手帳がA1又はA2の人
  • 精神障害者保健福祉手帳が1級の人

中度

  • 身体障害者手帳が3級の人
  • 療育手帳がB1の人
  • 精神障害者保健福祉手帳が2級の人

支給制限

次に該当する人には支給されません(支給中の人も資格喪失・支給停止になります)。

  1. 施設に入所されている人
  2. 生活保護費を受給している人
  3. 本人の前年の所得が一定額以上ある人

給付金の額(平成24年4月1日現在)

重度障害者 月額38,000円
中度障害者 月額26,000円

手当の支給時期

3月末、9月末

申請に必要な物

  • 手帳
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳
  • 住民票(個人番号の記載がないもの)
  • 前年の所得額を証明する書類(確定申告の写し又は源泉徴収票等)
  • 公的年金を受給している場合は年金受給額がわかる書類(年金払込通知書又は年金額改定通知書等)

申請窓口

障害福祉サービス課

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

障害福祉サービス課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館4階
電話:042-769-8355 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る