エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報介護 › 介護保険制度によるハンドル形電動車いすの利用者に係る鉄道利用について

ここから本文です。

介護保険制度によるハンドル形電動車いすの利用者に係る鉄道利用について

このたび、介護保険制度によりハンドル形電動車いすの貸与を受けている方について、一部の鉄道車両への乗車等が認められることとなりました。
当該利用者の方が鉄道を利用する際は、介護保険制度によるハンドル形電動車いすの利用者であることの証明が必要となります。
また、利用を希望する車両によっては、利用者のハンドル形電動車いすが、当該車両に乗車が可能なハンドル形電動車いす(以下「改良型ハンドル形電動車いす」という。)であることの証明が必要な場合もあるため、介護保険制度によるハンドル形電動車いすの利用者の方が鉄道を利用する際の手続等については、下記の文書をご参照の上、利用条件及び利用方法に十分ご留意ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

介護保険課(総務班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-20 あじさい会館4階
電話:042-769-8321 ファクス:042-769-8323
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る