エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報介護 › 【募集は終了しました】既存高齢者施設等の防犯対策強化事業に係る事業計画の募集について

ここから本文です。

【募集は終了しました】既存高齢者施設等の防犯対策強化事業に係る事業計画の募集について

既存高齢者施設等の防犯対策を強化するために、必要な安全対策に要する経費を支援する補助事業の募集は終了しました。

補助対象事業所

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 老人短期入所施設(併設を含む)
  • 認知症高齢者グループホーム
  • 小規模多機能型居宅介護事業所
  • 看護小規模多機能型居宅介護事業所
  • 有料老人ホーム

補助対象事業

(1)既存高齢者施設等の防犯対策を目的とした施設等の整備事業であること(備品の購入等は対象とはなりません。)。

(2)以下を施設等に整備するもの

  1. フェンス(境界をつくり、人が容易に敷地内や建物に接近することを防ぐ効果があるもの。(例:道路と敷地の境界線を明確にし、門扉等を設置する・敷地や建物への出入口を限定するものなど))
  2. 110番直結非常通報装置
  3. カメラ付きインターホン
  4. 防犯カメラ
  5. 人感センサー(例:人の出入りを感知するセンサー付きライト、人の出入りを感知し、ベルで音を鳴らすものなど)
  6. その他、これらと同様の防犯効果が見込まれるもの

(3)一つの事業につき総事業費の下限は30万円以上

補助基準額及び補助率

  • 補助基準額:市の予算の範囲内で、1事業所につき、1,800千円を上限とします。
  • 補助率:補助基準額に対し、国が2分の1を補助します。(2分の1は事業所負担)

提出について

提出期限

平成28年11月2日(水曜日)午後5時まで必着

提出資料

(2)事業所平面図、位置図、写真等(現況及び設置箇所が分かるもの)
(3)工事等見積書

提出先

相模原市高齢政策課(相模原市中央区富士見6丁目1番20号あじさい会館4階)まで直接持参にて御提出ください。
また、合わせて高齢者施設等防犯対策強化事業計画のデータ(エクセルファイル)をメールにて送信ください。
※提出先は厚生労働省及び神奈川県ではありません。
電子メール送付先:kourei-seisaku@city.sagamihara.kanagawa.jp

提出に当たっての注意事項

  • 交付決定は1月下旬を予定しておりますが、平成28年度内(平成29年3月末まで)に完了見込みの事業について、提出をお願いいたします。
  • 事業計画の提出は、1事業所につき1回を限度とします。
  • 複合型施設(1つの建物の中に複数の補助対象事業所等が設置されている施設)においては、それぞれの補助対象事業所ごとに対象経費の実支出額を求めることとし、全体のみでしか求めることができない場合は、それぞれの事業所等の専有面積で按分することにより、事業所ごとの対象経費の実支出額を算出してください。
  • 提出いただいた事業計画については、市の本事業に係る予算が成立し、事業計画を市及び国で審査したうえで補助の可否が決定いたしますので、御承知おきください。
  • この事業計画は国への事前協議となりますので、補助の可否が決定した際に、改めて申請書等の提出を依頼することとなります。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

高齢政策課(総務班・計画推進班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-20 あじさい会館4階
電話:042-769-8354 ファクス:042-752-5616
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る