エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報介護介護保険サービスの利用 › 介護保険サービスの利用までのながれ

ここから本文です。

介護保険サービスの利用までのながれ

ケアプランの作成
介護保険のサービスを受けるには、事前にケアプラン(介護サービス計画)を作成することが必要です。
要支援1または2と認定された人は、高齢者支援センター(地域包括支援センター)の保健師などが、要介護1から5と認定された人は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーが、ケアプランを作成します。

要支援1または2と認定された人

介護予防ケアプラン

利用者が、介護予防のために必要な介護予防サービスなどを適切に利用できるように、高齢者支援センター(地域包括支援センター)の保健師などが利用者の心身の状況や環境、本人・家族の希望などに応じてサービスの種類や回数を定めた計画です。お住まいの地区の高齢者支援センター(地域包括支援センター)を確認し、ご相談ください。

高齢者支援センター(地域包括支援センター)と相談ができたら、市に介護予防サービス計画作成依頼の届出をします。

サービス利用までは次の手順で進みます。

高齢者支援センター(地域包括支援センター)

  1. 保健師などによる状況把握
    本人・家族との話し合いにより、本人の心身の状態や環境、生活歴などを把握し、課題を分析します。
  2. サービス担当者の話し合い
    利用者自身が主体的に介護予防に取り組むための支援メニューを本人、家族の希望も含めてサービス担当者で検討します。
  3. 介護予防ケアプランの作成
    利用するサービスの種類や回数を決定します。
  4. 介護予防サービスを利用
  5. モニタリング
    利用者の状況に著しい変化があった時等に利用者宅を訪問し、必要に応じて介護予防ケアプランを変更し、関係者との連絡調整を行います。

要介護1から5と認定された人

ケアプラン

利用者が、自立した日常生活を営むために必要な居宅サービスなどを適切に利用できるように、ケアマネジャーが利用者の心身の状況や環境、本人・家族の希望等に応じてサービスの種類や回数を定めた計画です。

在宅サービスを希望する場合は、居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)の選定を行います。
居宅介護支援事業所が決まったら、市に居宅サービス計画作成依頼の届出をします。

サービス利用まで次の手順で進みます。

居宅介護支援事業所

  1. ケアマネジャーによる状況把握
    本人、家族との話し合いにより、本人の心身の状況や環境、生活歴などを把握し、課題を分析します。
  2. サービス担当者の話し合い
    利用者が自立した日常生活を営むことができるようにサービス内容を利用者、家族の希望も含めてサービス担当者で検討します。
  3. ケアプランの作成
    利用するサービスの種類や回数を決定します。
  4. 介護サービスを利用
  5. モニタリング
    月に1回利用者宅を訪問し、ケアプランの実施状況を把握し、必要に応じてケアプランを変更し、関係者との連絡調整を行います。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

介護保険課(総務班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-20 あじさい会館4階
電話:042-769-8321 ファクス:042-769-8323
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る