エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報環境保全活動・教育・環境問題 › ヒナ鳥を拾わないで

ここから本文です。

ヒナ鳥を拾わないで

4月から7月は野鳥にとっては子育てシーズンの真っ最中です。まだ飛ぶ力が十分についていない“巣立ちビナ”が地面にいるのを見かけることが多くなる季節です。巣立ちしたばかりのヒナはうまく飛べません。だから枝から枝へ移るときなどに、地面に降りたりしてしまうのです。大抵は親鳥が近くにいて様子を見守っていますので、そのままにしておきましょう。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

水みどり環境課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-8242 ファクス:042-759-4395
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る