エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報環境保全活動・教育・環境問題 › 光化学スモッグに注意しましょう

ここから本文です。

光化学スモッグに注意しましょう

光化学スモッグに注意しましょう。

光化学スモッグは春から秋にかけて(特に6月から9月)の日差しが強く、気温の高い、風の弱い日に発生します。光化学スモッグ注意報等発令の際は、被害を未然に防ぐよう十分注意しましょう。

光化学スモッグとは

光化学オキシダントは、工場や自動車から排出された窒素酸化物や炭化水素が太陽光線の作用によって反応し、作成する大気汚染物質です。全国的に環境基準に適合している地域はほとんどなく、相模原市においても不適合となっています。

光化学スモッグが発生した時の対応・注意点

光化学オキシダントが高濃度になると、「目や喉の痛み、頭痛、吐き気、呼吸が厳しくなる」といった症状が出ることがあります。
光化学スモッグ注意報等が発生した場合、次のことに注意し、被害を未然に防ぐようにしましょう(県内では特に小・中学生の被害が多く発生しています)。

光化学スモッグが発生した時

  1. 当日体調の悪い子供は室内で休ませてください。
  2. 屋外での激しい運動は控えてください。
  3. 風向きを考慮して窓を閉めてください。

光化学スモッグによる被害が発生した場合

  1. 屋外での運動を中止し、うがいや洗眼をしてください。
  2. 風向きを考慮して窓を閉め、屋内で安静にしてください。
  3. 症状が改善されない場合は、医療機関にて診察を受けてください。

光化学スモッグの発令・解除等の情報について

光化学スモッグ注意報等の発令・解除等の情報はひばり放送やメールマガジンでお知らせしています。

  • 光化学情報テレホンサービス 電話050-5893-9342 または 050-5893-9343
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

環境保全課
住所:〒252-5277 中央区中央2-11-15 市役所本館5階
電話:042-769-8241 ファクス:042-753-9413
メールでのお問い合わせ専用フォーム
津久井地域環境課
住所:〒252-5172 緑区中野633 津久井総合事務所本館2階
電話:042-780-1404 ファクス:042-784-7474
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る