エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報環境さがみはら森林情報館木材の利用 › 津久井産材を利用した公共施設等

ここから本文です。

津久井産材を利用した公共施設等

津久井産材を利用した建物が小学校などの公共施設だけではなく、民間の建物にも見られるようになってきています。
木造の建物には室内の湿度を緩和させ、快適性を高めるなどの性質を備えており、小学校については、非木質化の校舎よりも内装が木質化されている校舎のほうが、子どもたちのストレスの緩和に効果あるという研究結果もあります。


緑区役所青野原出張所の写真

緑区役所青野原出張所(緑区青野原)

平成24年3月に改築した青野原出張所では、柱や梁(はり)など構造材の多くに津久井地域の市有林から伐採、製材した木材を利用しています。


青根小学校校舎の写真

相模原市立青根小学校 校舎(緑区青根)

神奈川県で唯一の木造校舎です。校舎の木材には地元のスギやヒノキなどが使われています。テレビドラマの撮影にも使われています。


いろりの間の写真

相模原市立ふじの体験の森やませみ いろりの間(緑区澤井)

旧校舎を改装しており、陣馬山をはじめとする山々や清流などの豊かな自然に囲まれた場所にある宿泊体験施設です。施設内にあるいろりの間の床や腰壁などに地元の材が使われています。


すすきの保育園の写真

すすきの保育園(中央区すすきの町)

床、壁、天井全てに不燃加工がされた津久井産材が使われています。


内郷診療所の写真

内郷診療所 待合室腰壁(緑区若柳)

診療所の腰壁に津久井地産材が使われています。


和田の里体験センターの写真

和田の里体験センター「村の家」(緑区佐野川)

陣馬山のふもとにあり、地元の材を利用して作られた和田の里体験センターでは地域資源を活かした小学生対象の竹細工体験や蒟蒻作りなど季節に応じた豊富な体験イベントが行われています。


青根草木館の写真

青根草木館(緑区青根)

地元の林業者が津久井産材を利用して建てた施設です。施設内にはカフェがあり、木工体験や地元の農作物などを買うことが出来ます。
※改装中です。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

津久井地域経済課
住所:〒252-5172 緑区中野633 津久井総合事務所本館2階
電話:042-780-1405(管理班)
電話:042-780-1416(農業振興班)
電話:042-780-1401(林業振興班)
ファクス:042-784-7474
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る