エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報環境さがみはら森林情報館野生の生きものたちについて › 農作物の鳥獣害防護柵等の設置

ここから本文です。

農作物の鳥獣害防護柵等の設置

イノシシによる農作物(ジャガイモ)被害状況

津久井地域には、スギ、ヒノキなどの針葉樹やコナラなどの広葉樹が生育する森林が広範囲に分布しており、多種多様な野生生物の生息・生育の場を提供しています。
その一方で、ニホンジカ、ニホンザル、イノシシなどの野生動物による農作物被害など、生態系の変化や人間の生活と野生動物の摩擦といった問題も生じています。
市内では、大切に育てた農作物をサル、シカ、イノシシなどの野生鳥獣にあらされるケースが増えています。そのため、市では農作物を守るための防護柵等設置の補助を行っています。

電気柵を設置する際には適切な方法で設置しないと人に重大な危害を及ぼす恐れがあります。電気柵を設置する場合は、電気事業法の規定に基づく適切な感電防止対策を講じてください。

参考

防護柵等設置費用の一部助成

対象条件

市内において農地を所有又は市内に住所を有する人が農地を借用することにより、個人又は団体で継続的に農産物を生産している人。

対象費用

防護電気柵、防護柵又は防護網の購入及び設置費(ただし、消費税相当額を除く。)

補助率
対象とする面積 補助率 補助金の限度額(防護柵等の内ネット状の電気柵) 補助金の限度額(その他の防護柵等)
20アール未満 対象となる費用の2分の1以内 500,000円 50,000円
20アール以上50アール未満 対象となる費用の2分の1以内 500,000円 100,000円
50アール以上1ヘクタール未満 対象となる費用の2分の1以内 500,000円 200,000円
1ヘクタール以上 対象となる費用の4分の3以内 750,000円 750,000円

 

いずれも、1,000円未満の端数は切捨て

提出書類

  • 設置前の写真
  • 設置予定地の案内図
  • 防護柵等購入及び設置費等の見積書の写し、又は防護材料費積算書

問い合わせ先、申請書等の提出窓口

提出窓口については、農地の所在地区の窓口に提出をお願いします。

  • 緑区(大沢、橋本地区)、中央区及び南区
     農政課 電話042-769-8239
  • 城山・津久井・相模湖・藤野地区
     津久井地域経済課 電話042-780-1416
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

津久井地域経済課
住所:〒252-5172 緑区中野633 津久井総合事務所本館2階
電話:042-780-1405(管理班)
電話:042-780-1416(農業振興・獣害対策班)
電話:042-780-1401(林業振興班)
ファクス:042-784-7474
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る