エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療 › 熱中症

ここから本文です。

熱中症

熱中症に注意しましょう

熱中症は、高温や多湿な環境で体内の水分や塩分(ナトリウム等)のバランスが崩れ、体温の調整機能がうまく働かなくなることで引き起こります。
正しい予防法を知って熱中症を防ぎましょう。

予防のポイント

  • こまめに水分・塩分を補給する
  • 涼しい服装で出かける
  • 栄養バランスのとれた食事をする
  • 無理をせず、適度な休憩をとる
  • 部屋の温度をこまめに調節する

もしも熱中症になったら

  • 涼しい場所へ移動させ、安静に寝かせる
  • 衣服を緩め、体を冷やす(エアコンをつけ、扇風機・うちわなどで風を当て、首筋・脇の下・太もものつけねなどを冷やすと効果的です)
  • 自分で飲めるようであれば、スポーツドリンクや食塩水を飲ませる。

こんなときは直ちに救急車を要請してください

  • 自分で水が飲めない
  • 意識がない(おかしい)
  • 普段通りに歩けない
  • 全身のけいれんがある

 

関連情報

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

健康増進課(健康づくり班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-8274 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る