エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

現在の位置 : トップページ暮らしの情報健康・衛生・医療医療費等の助成制度小児慢性特定疾病医療費助成制度 › 小児慢性特定疾病医療費助成制度

ここから本文です。

小児慢性特定疾病医療費助成制度

平成26年5月30日に「児童福祉法の一部を改正する法律」が公布され、平成27年1月1日から新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度が始まりました。

小児慢性特定疾病医療費助成とは?

小児慢性特定疾病にかかっているお子さんが、適切な医療を受けながら、健全に育成していけるように、その治療費用(医療保険の自己負担分)の一部を市で助成する制度です。

助成の対象となる人

次の1から3を満たす人が対象です。

  1. 保護者が相模原市に住民登録のある18歳未満のお子さん。(継続の場合は20歳未満まで延長可能。)
  2. 小児慢性特定疾病指定医療機関で治療を受けていること。(ここでいう医療機関とは、病院・診療所、薬局、訪問看護ステーションを指し、医療機関の指定は、医療機関の所在地を管轄するそれぞれの自治体で行っています。)
  3. 個々の疾病の病名と程度が、疾病ごとに定められた基準に該当することについて指定医の診断を受けていること。(指定医の指定は、小児慢性特定疾病医療意見書を作成する医師の勤務先医療機関の所在地を管轄する自治体で行っています。)

疾患群・対象疾病が見直されました

※小児慢性特定疾病とは次の全ての要件を満たし、厚生労働大臣が定める疾病を言い、14疾患群704疾病が対象となっています。

  1. 慢性に経過する疾病であること
  2. 生命を長期に脅かす疾病であること
  3. 症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾病であること
  4. 長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること

疾患群

  1. 悪性新生物
  2. 慢性腎疾患
  3. 慢性呼吸器疾患
  4. 慢性心疾患
  5. 内分泌疾患
  6. 膠原病
  7. 糖尿病
  8. 先天性代謝異常
  9. 血液疾患
  10. 免疫疾患
  11. 神経・筋疾患
  12. 慢性消化器疾患
  13. 染色体又は遺伝子に変化を伴う症候群
  14. 皮膚疾患

疾患群のうち、13と14の疾患群が平成27年1月から新たに追加されました。

個別の対象疾病の詳細は小児慢性特定疾病情報センターのホームページでも掲載されます。

医療の助成対象

この制度による医療費助成は、対象疾病による治療にかかる医療費、入院時食事療養費、薬局での保険調剤、訪問看護ステーションでの訪問看護利用料が対象となります。

階層区分と自己負担限度額

自己負担の考え方が変わりました

  1. 医療機関窓口における患者の自己負担は、医療費総額の2割になります。
  2. 今まで自己負担がなかった院外薬局での保険調剤や訪問看護についても自己負担の対象になります。
  3. 入院時食事代の2分の1が自己負担となります。

月額自己負担限度額が変わりました

  1. 自己負担限度額を決めるための所得を確認する単位が、患者本人と同じ医療保険に加入している「医療保険上の世帯」となります。国民健康保険・国民健康保険組合に加入しているときは、保険加入者全員分の市町村民税の状況を確認します。社会保険(被用者保険)に加入しているときは、被保険者分の市町村民税の状況を確認して月額自己負担限度額を決定します。また、確認した市町村民税が非課税である世帯は世帯員の年収を合算して自己負担限度額の階層を決定します。
  2. 自己負担限度額に入院・外来の区別がなくなります。
  3. 重症認定を受けている人も所得に応じた自己負担があります。
  4. 一定の条件を満たす場合、自己負担限度額を軽減する特例があります。
    ・人工呼吸器等装着者は500円に軽減されます(生活保護世帯は0円)。常時(ほぼ24時間)、人工呼吸器を装着している(離脱の見込みがない)人が対象です。医師の診断書により審査を行います。該当するときはお問い合わせください。
    ・体外式補助人工心臓等装着者(埋め込み式補助人工心臓含む)は500円に軽減されます(生活保護世帯は0円)。常時(ほぼ24時間)、体外式補助人工心臓等を装着している(離脱の見込みがない)人が対象です。医師の診断書により審査を行います。該当するときはお問い合わせください。
    ・医療費総額が5万円を超える月(医療保険の2割負担の場合、医療費の自己負担が1万円を超える月)が年間6回以上ある人(高額な医療が長期的に継続する人)は重症の限度額が適用されます。既認定者は「高額かつ長期」の区分の対象にはなりません。
    ・経過措置として、平成26年12月末時点で助成認定を受けており、平成27年1月1日以降も継続して認定を受けている人は、平成29年12月末まで、既認定者の限度額が適用されます。
  5. 小児慢性特定疾病又は指定難病の患者が医療保険上の同じ世帯にいる場合、自己負担限度額を按分して、負担を軽減します。

医療機関での支払い方法が変わりました

同じ月に複数の医療機関等を利用する場合、それぞれの自己負担額をすべて合算した上で、自己負担限度額を適用します。患者は、受診時に「自己負担限度額管理票」を持参し、医療機関等の窓口で、その月の自己負担額の累計を管理票に記載してもらいます。累計が自己負担限度額に達すると、それ以上のお支払はありません。

また、平成28年3月診療分から県内医療機関では、市の医療証との併用が可能になります。

指定医制度・指定医療機関制度が始まりました

1.指定医制度

平成27年1月からは、小児慢性特定疾病の申請に必要な診断書(医療意見書)を作成することのできる医師は、都道府県・政令指定都市・中核市から指定を受けた医師(指定医)に限られます。指定医の情報については、それぞれの自治体で指定手続が完了するとホームページ等で掲載されますので、そちらをご覧いただくか、各自治体、医療機関にお問い合わせください。

2.指定医療機関制度

平成27年1月からは、小児慢性特定疾病の医療費助成が受けられる医療機関等(病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション)は、都道府県・政令指定都市・中核市が指定した指定医療機関に限られます。指定医療機関の情報については、それぞれの自治体で指定手続が完了するとホームページ等で掲載されますので、そちらをご覧いただくか、各自治体、医療機関にお問い合わせください。

申請方法

マイナンバー制度における本人確認が必要な手続です。

※申請者本人または受診者本人が申請する場合に必要なもの
個人番号が確認できるもの(個人番号通知カードなど)
本人確認ができるもの(運転免許証など)
※代理人が申請する場合に必要なもの
委任状
申請者本人の個人番号が確認できるもの(本人の個人番号通知カードなど)
代理人の本人確認ができるもの(運転免許証など)

以下の必要書類を取り揃えて、申請窓口にご提出ください。

全員が提出する書類

1.小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書(保護者が記入)

2.小児慢性特定疾病医療意見書(指定医が記入)

ダウンロードは次のホームページから可能ですが、医師と認定基準に該当するかどうかをよく確認してください。

3.同意書(保険者照会用)

4.同意書(治療研究用)

5.世帯調書

6.健康保険証の写し

国民健康保険・国民健康保険組合の場合⇒加入者全員分
社会保険(健康保険組合・共済組合等)⇒被保険者と対象児童の分

該当者のみが提出する書類

1.転入者等⇒市町村民税課税証明書または非課税証明書

平成27年1月2日以降に相模原市に転入した人は、相模原市で課税額の確認ができません。平成27年1月1日時点にお住まいだった市区町村の税務担当窓口で平成27年度分市町村民税課税証明書(所得証明書)又は非課税証明書の発行を受け、ご提出ください。国民健康保険・国民健康保険組合の加入者は加入している人全員分、社会保険(健康保険組合・共済組合等)加入者は被保険者と対象児童の分をご用意ください。

2.医療保険上の世帯が市民税非課税の人⇒公的年金等を受給している場合は、平成26年中の収入額がわかる資料(通帳の写し等)

公的年金等とは、遺族年金、障害年金、特別児童扶養手当、特別障害者手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当、障害に対する公的補償(労働災害補償等)等を指します。

3.重症患者認定申請書(保護者が記入)

次の重症患者認定基準を満たし、重症患者認定申請をする場合のみ必要です。

4.人工呼吸器等装着者申請時添付書類(該当者のみ指定医が記入)

5.同じ医療保険上の世帯に小児慢性特定疾病患者又は指定難病の特定医療費の支給認定を受けた者がいる場合

⇒受給中であることがわかる資料(特定医療費(指定難病)医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の写し)

6.その他必要な書類

申請書提出先

  • 健康企画課
    場所 ウェルネスさがみはら4階
    所在地 中央区富士見6-1-1
  • 緑保健センター
    場所 緑区合同庁舎4階
    所在地 緑区西橋本5-3-21
  • 中央保健センター
    場所 ウェルネスさがみはら4階
    所在地 中央区富士見6-1-1
  • 南保健センター
    場所 南保健福祉センター3階
    所在地 南区相模大野6-22-1
  • 城山保健福祉課
    場所 城山保健福祉センター1階
    所在地 緑区久保沢2-26-1
  • 津久井保健福祉課
    場所 津久井保健センター1階
    所在地 緑区中野613-2
  • 相模湖保健福祉課
    場所 相模湖総合事務所2階
    所在地 緑区与瀬896
  • 藤野保健福祉課
    場所 藤野総合事務所2階
    所在地 緑区小渕2000
  • 緑こども家庭相談課
    場所 緑区合同庁舎3階
    所在地 緑区西橋本5-3-21
  • 中央こども家庭相談課
    場所 ウェルネスさがみはら1階
    所在地 中央区富士見6-1-1
  • 南こども家庭相談課
    場所 南保健福祉センター3階
    所在地 南区相模大野6-22-1
  • 地域医療課
    場所 相模原市役所本庁舎1階
    所在地 中央区中央2-11-15

お知らせ(相模原市内の医療機関の人へ)

指定医療機関・指定医の申請書等様式をホームページ上に掲載しました。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。adobe社(外部サイト)で無料配布していますのでご利用ください。既にAdobeReaderがインストールされているPCで閲覧できない場合は、最新バージョンをお試しください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

このページに記載されている情報の担当課

健康企画課(総務・母子保健班)
住所:〒252-5277 中央区富士見6-1-1 ウェルネスさがみはら4階
電話:042-769-8345 ファクス:042-750-3066
メールでのお問い合わせ専用フォーム

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください。

このページのトップへ戻る